お花見ツーリング

Img213_2
例年、大阪市内の桜が散り始める頃、どこか静かに花見が出来るとこを目指して出かける。

この時期、春うららな陽気は単なる思い出、願望であって寒かったり雨やったりの不安定な頃やと言うのが過去ログ見ててやっとわかった。

天気予報が「晴れ」言うてる日曜日お弁当持って出かけた。
予定では琵琶湖の沖ノ島に渡るつもりが、途中で花に見とれて道草ばかり。

時間は無いはおまけに湖岸にでたら寒いはで断念。
結局、いつもの長命寺の港の陽だまりでお昼とスケッチ。

午後からはぽかぽか陽気でぼーっと春霞の景色を描いてたらなんかぼーっとした絵になってしまった。

いつも安心できる場所はいいもんです。歳とともに冒険心が無くなっていくのがよくわかる。

そんな長命寺になんと温泉が出来てる。
その名も「長命 ずいかくの湯」 おおー「瑞鶴」ってなんか強そう。
今度は入りに来よう。

でも人が多くなるのはちょっと嫌かも。

R0012929_3 R0012930 R0012933 R0012932
和束から信楽あたり。 前に秋の絵描いた所ですね。

R0012936 キックしようと思って、思わず足を止めた。 ささやかなSRの魅力かな?

R0012937やっと湖岸です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天王寺界隈

Img212
やっと少し春めいた日曜日、お客様から招待状いただいた水墨画展に行って来た。
大好きな天王寺の市立美術館。
町会長をされてるお客様、定年後始められた水墨画、とっても良かった。

文化教室の展示なんでいろんな方の作品がある。
山水画をイメージしてたので、その多彩な技法、画法に驚きまくり。
単色なので、かえって皆様チャレンジしはるみたい。

その後、茶臼山あたりを春の日差しとお散歩。
このへんにかかわってる時、僕の人生はいつも転換期だったような気がする。
ここでよく、ぼーっとしたり落ち込んだり、時にはデートしたり。

大阪の歴史もここは転換期やからかもね。
でも立ち止まる事さえ許されない空気の北や南に比べて美術館あり、動物園あり、リニューアル中の公園では家族連れが寝そべってる天王寺はやっぱりいいなあと思う。
あべのハルカスがそびえたってる空も広い。

それから、動物園を超えて、新世界あたりへ。
よく、大阪らしい言われるけど、うーん、なんちゅうか最近はごちゃごちゃのテーマパークみたい。 一人やとちょっと引く。
そうそう、お風呂がスパワールドちゅう近代的なだけで、まわりはジブリの千と千尋の***世界。
ここで、粉もん、揚げもん食べたいだけ食べてたら豚にされそうでスルー。

それから、日本橋でちょっと買い物。道具屋筋抜けて難波から帰宅。
もうこのへんは用事が無かったらまづ行かないでしょう。

歳をとったのか、町中は疲れる。

訂正 3/20 祝日 営業します。 ランチは休みです。

| | コメント (0)

日曜日

R0012862

やっと晴れた先週の日曜日。今年になって晴れの日曜は元日以来らしい。
バイク動かしたいとこを我慢して、伏見稲荷に遅い初詣に行って来た。

1月中は混むので毎年、この頃に新しいお札を買いに行く。(もちろん商売繁盛)
ところが年々、いつ行ってもめっちゃ混んでるようになった。

外国人観光客人気1位は伊達じゃない。 賑わうのはまあいいとしても、ちょっとマナーがひどい。
いちいち書くのはやめとくけど、神域ですよ! みなさん礼拝する教会やモスクでこんなんしたら怒るでしょ。
まあ神仏はおろか、歴史や文化まで捨てた近所の国の連中には言ってもムダか。
拝観料無しも考えもんですね。

どいてどいて!で参拝済まし、裏の静かな社で祝詞上げると、清々しい気が降りてきた。
良かった、さすがお稲荷さん。
ほんで、新しいお札買って、古いのを返しに奥へ進むとなんと、犬の散歩してる人に2人会った。
以前、店に来られた天満の天神さんの神官の方が言ってた。「犬の散歩だけはやめて欲しい」。
お使いがキツネやからいいとか思ってるんでしょうか。近所の方やと思うのに。

寛容で聞こえた日本の神々もそのうちぶち切れるんではないかとちょっと心配になった。

ところで写真は話と全く関係ないです。
寒かったお正月休みとその後の荒れた日曜日にちょこちょこ作ったプラモデル。
ほとんど素組みに筆塗の手抜きですが、100均で見つけた台にちょっとジオラマ風にしたら可愛いデスクアクセサリーになった。

R0012863 R0012864 R0012865 R0012866 R0012867

1/72 ニューポール17c
第1次世界大戦 フランス空軍  しまった!後ろイタリヤワインやった。

| | コメント (1)

冬の植物園

Img211

お正月にブログUpしてぐずぐずしてたら1月ももう終わり。
穏やかなお正月って言ってたら、その後寒いは、雨やはで休日もほとんど動けず。
「おのおの方、こたびは軍議で籠城とあいなった。」 等とつぶやいてプラモ作ってました。

やっとこの日曜バイク動かした。
ゆっくり起きて、動きだしたのは早お昼前。

でもでも、なにが嬉しい言うたら、年末年始はさんで1カ月以上乗ってないのに、今のSRったらキック一発でかかってくれるんです。
昔のなら一汗かいたとこでしょう。 昔のSRやSRX600知ってるもんから言わすと、こんなん足踏み式のセルスイッチです。

気をよくして走り出してからどこ行こう? 春節かなんかで奈良京都は大変やろうし。
そんな事考えてたら、静かなとこがいいと思って行ったのは私市(きさいち)の植物園。

ここは大阪市立大学の研究施設。 子供の頃遠足とかでよく行きました。
10年ぶりくらいか、入園料は350円。 高くなったかな?

この微妙な値段のせいか、管理がいいのかいつもとってもきれいな静粛の森です。
まして、寒い上今にも降り出しそうな空、ほとんど誰もいません。

枯葉踏む自分の足音と、あちこちから聞こえる野鳥のさえずり。これが全て。
ここは文字どうり野鳥の楽園。別々に出会った方2人ともバードウオッチングの方です。
しまった、双眼鏡持ってきたらよかった。

寒くて暗い空の道もこの子たちのおかげでとってもいい気持ちのお散歩でした。
雨も落ちてきそうなので帰ろうとしたら若いカップルがやってきました。
ここでデートする2人。なんか素敵なカップルやなあって勝手に思った。

広場のようなとこにポツンとベンチと水飲み場。春を待ってるみたい。

冬鳥居てる間に双眼鏡持って、暖かくなったらお弁当持って又来よう。

R0012825 R0012824 R0012827 R0012831  R0012834   

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます

005_3


あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。 

皆様に良い一年でありますように。

穏やかな日和のお正月でした。 きっと穏やかな年になるでしょう。

1/4(水)の夜から営業してます。

| | コメント (0)

今年も一年

R0012811

今年も後少しになりました。一年なんとかがんばれたのも一重に応援してくださった皆様のおかげです。
ありがとうございました。

歳も50代半ばともなると、毎年おなじような事の繰り返しになりがちです。
で、今年はほんのちょっと違いがありました。

僕の趣味はバイクが40年弱、カヌーが25年弱、水彩画は10年といったとこでしょうか。
もう一つ、小学校の時からプラモデルをけっこう作ってました。
その頃から塗装もして、高校の時、お年玉全部つっこんで、エアーブラシなるものも購入し 飛行機中心にたくさん作っておりました。
社会人になった頃、仲間とサークル立ち上げて展示会やったり他のクラブと交流したり、大人の趣味としてそれなりにやってました。
今もその時の仲間はがんばって活動してるようです。

この商売初めてから全く触る事もなくなっていたところ、実家の親父が「ガラクタかたづけろ」言うので未組み立てのキット、段ボールひと箱引き上げてきた。

ひさしぶりに見ると、懐かしくて夜な夜な眺めていましたが、こんなんではあかん思って、売れる物はヤフオクで売ったりなんかしてるうちに作りたくなってしまった。

40年前のエアーブラシ、製造元はつぶれてましたが、パーツの供給はしてるとこがあって、復活した。 ちょーうれしー!
それからいろいろ大変。 まず老眼鏡 初めて買いました。道具の手入れ、塗料等の購入いろいろあってやっと完成しました。
当時に比べると手抜きですが、調子に乗ってジオラマにしちゃった。
(カーチスP40E型 1942年 中国大陸 フライングタイガース所属)

楽しかった。雨の休日なんかに又作ろうかな。
コンプレッサーほしいなあ!

R0012808 R0012809 R0012806 R0012813

年末の忙しい時にどうでもいい話 付き合ってもらってありがとうございました。

そうそう 
年内は31日 大晦日までやってます。例によってお蕎麦用意してます。 ランチは30日まで。
年明けは4日からです。

では皆様、あと少しです。がんばりましょう。
良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0)

クリスマスのおすすめ

Img178

あかん。 毎日がんばって生きてるつもりやけど、カレンダーに置いていかれてる。
12月もほぼ半分過ぎた。
はよなんとかせな! ちゅう事でクリスマスのおすすめです。

 ◎ 牡蠣のグラタン               ¥600 

 ◎ スパゲッティー カレー風味の     
              カルボナーラ      ¥700

 ◎ ビーフシユー                 ¥900

 ◎ 洋梨のグラタン                ¥300

                                  です。

   12/22(木)~24(土)  PM 6;00~

  ご予約も承ります。 tel 06-6997-3165

  売り切れの場合はごめんなさい。

 皆様のご来店お待ちしております。

 年末は大晦日31日までやってます。 ランチは30日まで。

                 例によってスケッチは使いまわしです。



 


| | コメント (0)

奥明日香

Img210

駆け足で過ぎ行く季節。
なかなか紅葉見に行く機会もなかったので、この日曜日、微妙な天気予報も気にせずバイクで出かけた。そのせいで出たのは10時すぎ。(充分気にしてます。)

混んでる奈良、京都をさけて向かったのは明日香。(最近こっちに統一したみたい「飛鳥」の方が好きやのに)
今回は最近ちょっと話題の奥明日香なるとこにはじめて行った。
石舞台等のメジャーどこから棚田の広がる田舎道を10分くらい。

集落の入り口に谷をわたる男綱なるものがぶらさがっている。
向こう側には女綱があるらしい。
これで集落を邪気から守っているらしい。 そのせいかほんとにのんびりしたいいとこです。

R0012744 R0012747 R0012749
ここまでは観光客もほとんど来ません。
細い川には魚影がたくさん。アマゴかな? バイク停めて、お茶飲んでスケッチしてたら雨が降ってきた。 「わー! まってくれー」 カーボンペンとは言え描いてすぐはにじんでまう。
ジャケットの中にしまって、止むの待ってちゃちゃと描いた。ちょっと雑い。

この脇の奥に、入谷という行き止まり集落があるらしい。ロードバイクで行くには険しそうな道なんでヤンピ。 こんど下調べしてから行こう。
そして、まっすぐ行くと「芋峠」 言うもっちゃりした名の峠があって、吉野に抜ける。
ここも時間なくてヤンピ。

この峠はその昔、最愛の夫である天武天皇を亡くした女帝、持統天皇が悲しみに暮れて生涯で30回以上もここを超えて吉野詣をした由緒ある峠道だそうです。

よし、次回は早よ出て、吉野まで行きましょう。

 春すぎて 夏来にけらし 白妙の
       衣ほすてふ 天の香具山    持統天皇 (小倉百人一首)

  「季節はちがうけど、なんと爽やか!」 かるたではいつも後ろ姿、これが気になる。

 

 よき人の よしとよく見て よしと言ひし
       吉野よく見よ よき人よく見つ  天武天皇 (万葉集)

  「なんかようわからんけど、 いい人のいいとこ見ていい事言え ちゅう事か?」

R0012750 R0012753


     

| | コメント (0)

ギャラリー

Img207

毎年の事ながら、この季節は飛ぶように過ぎて行く。
なすすべも無く、一日、一週間、ひと月が過ぎる。

そんな中、何とか少しでもゆったりした時間を過ごしたくて、案内をいただいたギャラリーにおじゃました。

以前にもこの場でUPした、自宅コミュニティーで絵の展示でお世話になってる方と友人の個展です。

今回は、京田辺市、松井山手にあるギャラリーてとて
大きいお宅ばかりの住宅街のご自宅をギャラリーにしてる素敵なとこです。

その上、やってはる人、代表?ママはへんやな、オーナー?、マダム?なんて言うんやろ。
が20代の上品で美人な方。

いぜん僕らと同じマンションにお住まいだったらしくて、子供のころから知ってる作家さんは下ネタから何から、好きな事言ってる。

お茶椀、調度品、音響全てセンスよく、とっても落ち着いたいい時を過ごせました。
ありがとうございました。

僕も歳とったら、いつまでも今みたいに朝から夜中までやってられへんようになるでしょう。

そうなったらこんなんできたらいいなあと思った。
もっとセンス、知識磨かなあかん。 がちゃがちゃや。

R0012737 R0012738 R0012739 また行こ。

ところでスケッチは話と全く関係ありません。
前々回かな? の時に描いたなんか絵になる農具小屋です。
こんな季節ももうだいぶ前や。

60才になったら個展をやろうと言う目標。ちょっとやる気増えたかも。
僕のやってくれるかなあ?

帰りぎわ「バイクできはったんですか?なに乗ってはるの?」て聞かれて
「SRです」と答えた。 興味あるんかなあ、お見送りに出てくれた。
キックスタートのバイク乗った事ある人ならわかると思う。

これめちゃめちゃ緊張するパターン。緊張度は美人度、好感度の2乗に比例する。
気合一発、よかった一発でかかった。
まああちらは何でもないお見送りでしょうが。



| | コメント (2)

その手は桑名の

Img208

全くの私事ですが、僕の亡き母は名古屋の出なんで、母方の親戚が名古屋に沢山いてはる。
子供の頃は休みになると、名古屋で叔父、叔母にお世話になったり、たくさんのいとこ達といつも遊んでいた。
祖母の家(母の実家です)はお風呂屋さんでいつも人が集まり賑やかでした。

でも最近はなかなか行く事もなかったので、この連休に弥富というとこの叔母の家に泊まりに行った。
弥富はこっちから言うと名古屋の手前、三重県から愛知県に入ったとこにある。

近鉄、しかもケチって急行で行った。なんと1500円。
一回り年下の従弟が車で迎えに行くけどもう一つ手前の桑名で降りてって言う。

「ちょこっと案内したいとこあるもんで」 名古屋弁も懐かしい。

この「桑名」 名前はけっこう知ってる。 関西の人ならよく通る。
知ってる事と言えば、江戸時代は交通の要所で栄えた、とか幕末には会津と共に最後まで戦ったとか、後は「その手は桑名の焼き蛤」 という戯れ言葉くらい。

そんな桑名で案内してくれたのは、六華苑という広大な屋敷。
ここは明治期に「日本近代建築の父」と言われたジョサイア コンドルいう人が建てたそうです。
コンドルはんは鹿鳴館はじめ多くの建築をしはったらしい。
東京駅とか設計した有名な辰野 金吾はこのコンちゃんの弟子だそうです。

洋館と日本建築がくっついてるのに、違和感もなくとってもいいとこです。
さすがコンちゃん。R0012677 R0012685

R0012682 R0012683 大正ガラスの縁側から見る庭はめちゃめちゃいい感じ。

R0012686 R0012678 池も周回できます。いい気満載。

R0012694 外に出ると木曽三川 の広大な景色が広がります。

帰りに名物 蛤を買って叔母宅へ。
祖母、母の面影ある叔母の手料理に豪快は叔父、弟のような従弟、美人の奥さん、中1と小3のイケメンな子達とわいわい過ごす。
とっても楽しかった。

毎日、狭い同じ空間で生きてます。なんかとにかく平たーい土地、ひろーいお空、家族のような親せき、リフレッシュ出来ました。
みなさんありがとうございました。 

そうそう桑名の六華苑、お勧めです。 東海地方の旅行、ツーリング帰りにちょっと寄ってみては。 

| | コメント (0)

«秋 徒然