恒例 秋の明日香

12

この日曜日、ここ数年毎年秋に訪れる明日香に出かけた。
いつものように、お弁当、ポットの熱いお茶、スケッチブック持ってツーリング。

奥明日香に向かう途中でいつも景色眺めてる場所でスケッチブックを開いた。
ここまで来ると観光客も少なく、レンタサイクルや歩きの人が時々後ろ通るくらい。
前回の中之島の時、絵具も出して現場で仕上げるのが久しぶりに楽しかったので今回も絵具を広げる。

熱いお茶の飲みながら描いてると、後ろの林で「キキキーキキキー」百舌鳥が鳴いてる。
一人で楽しむ贅沢な時間。いいねー つくづく安上がりな人間やと一人思う。

なんか適当にちゃちゃと仕上げて、移動もめんどくさいのでここでお弁当。
自分で作った弁当もこういうとこで食べるといけるもんや。
Dscn0213

その後ちょっと移動して明日香の中心、橘寺。
言わずと知れた、聖徳太子の生誕地。
ここは以前5.6年前かなー、このブログでUPした。
絶好のスケッチポジションにベンチがある。故にこの構図の絵はよく見かける。
人も若干多いのでスケッチブック開かず、あえて前と同じとこで写真撮って帰宅してから描いた。 これ

13
季節は違うけど以前描いたのがこれ。春先やったかな?Img154
ああー やめときゃよかった! ぜんぜん進歩してないちゅうより前の方がなんか素直に描けてる。
今のは変にごまかしたり、見得作ったり。 なんかへこむ。

うーん ちょといろいろ考え直さなあかんかも。

これからいよいよ紅葉シーズン本番。 いろいろ出かけよう。

| | コメント (0)

中之島スケッチ

10_3
先々週の日曜日になっちゃったけど、中之島公園にスケッチに行った。

今年の春から絵のレッスンをしてる奥様Mamiさんとお弁当持ってデート かなっ?

まだ日差しもきつかったんで、いい構図というよりいいロケ優先です。
ここちいい木陰に陣取ってスケッチ。覗きに来る人もなくゆっくり描けた。
スケッチはよく行くけど現場で絵具まで広げるのは久しぶり。

爽やかな風に吹かれて気持ち良く描けたんですが、教えるのって本当に難しい。
ある程度からは自分でどんどん描いてもらって、経験値上げるしかないと思う。

一枚描けたとこでお弁当を広げた。Mamiさん大喜び。
「人にお弁当作ってもらうのって何年ぶり?」 なるほど。お子様のために何年も作ってきたもんね。

とっても楽しかったんで、次回紅葉の頃に又行きましょうという事になった。

中之島は選びようで絵になるとこがいっぱい。周りのビル群に比べて、市役所は景観に配慮してるのがよくわかった。

Img077_4 Img159_2 Img176_2 過去に描いた中之島

以前、川にペンを落とした水晶橋。今回はペンケースごと忘れてきた。
中之島で一番好きな橋やのに、ペンなくす橋になってしまった。

気が付いて2日後、Mamiさんがチャリンコでさがしに行ってくれた。
無かったけど、とってもいい人です。
お礼に一枚。

11_2

| | コメント (0)

呼ばれたような

7

ちょっと涼しい日があったと思ったら、またまた猛暑。
いつまでも暑い日が続きます。

でも個人的には夏のイベントというか、遊びというか公私ともに一通り終わったような感じ。
夏のターンが終了かな?

で、たいした予定の無い日曜日、暑い間乗れなかったバイクでちょこっと出かけた。
近くて少しは涼しいと思って向かったのは能勢。以前走ってて通りすがりに気になってた神社。
その時は時間がなくて行かなかったので、なんか行きたくなって目指した。

そこは「久佐々神社」 創建は和銅六年、西暦713という由緒ある社らしい。
その上「延喜式」といういわば公立というか官制の神社。

鳥居をくぐって、苔むした参道を進むと、これまた古い本殿。
いいよ、いいよ、いい感じ。なんかとてもいい物の怪がいてそうな気配にしばし佇む。
ツクツクホウシの蝉時雨につつまれる。
以前も書いたけど、このままヒグラシ鳴くまでいときたい。

下ってきてバイクの傍らでお茶飲んでたら、僕と同じくらいの年恰好のおっちゃんがやってきて「ツーリングですか?」聞いてきた。「それほどでもないちょい走りです。ここはいい神社ですね」と聞くと、「とおりすがりでなんか気になってよったんです。」とおっしゃる。
「僕もです」と答えた。
「では」と別れた。その人は参道を上がって行った。
さっき僕がいてたあの空間が異世界に思えて、この人は今から入って行くんやと見送った。

今日、僕もこの人もなんかこの神社に呼ばれたんではないかと思う。

だいたい。この能勢界隈は寺社仏閣に限らず、集落もなんか落ち着いたいい感じ。
うまく言えないけど、強いて言えばトトロがいっぱいいてそうな所。
気持ちがざらついたらまた来よう。

Dscn0128 Dscn0126_2 Dscn0125 Dscn0131

| | コメント (0)

夏休み

Img205

あー暑い! どこでもドアーじゃなくていい。熊野ドアーでいい。ほしい!

で! ブリュッケの夏休みは8/11,12,13の土日月曜日です。

スケッチは過去の使いまわしです。ごめんなさい。

| | コメント (0)

瑞穂の国

5
またまた2か月もさぼってしまった。ごめんなさい。

その間、地震、大雨、長雨、猛暑、台風といつになく立て続けに襲ってきた。
各地で被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。

どうもこの国は大古より、地震や津波、台風、火山爆発等々たくさんの自然災害に会って来た。
でも、我々の先祖達は挫ける事なく、助け合い、励まし合い、一致団結して何度も乗り越えてきたんだろうと思う。壊れた家、街を立て直し、田を耕しその度に復活した。

多分、この事が秩序を守って、協力して、お互いを尊重する民族性につながったに違いない。
そして、その自然からの恩恵、どこにいってもある綺麗な水、豊な自然がもたらす豊富な食材、温泉等々に囲まれて続いてきた。

それらを恐れ、敬い、畏怖する事のシンボルが神社や八百万の神々だろうと思う。

スケッチは熊野本宮大社の旧跡地。「大斎原」(おおゆのはら)
本来熊野本宮はここにあった。 明治22(1889)の水害で流されて、今は国道挟んだ山の上にある。
古来より神が鎮座されてた場所まで流れる水害。想像出来なかったのが、6年前だかの被害を見て納得出来た。

この「大斎原」行ってみるとさすがにいい所。落ち着いた気に満ち溢れている。
このスケッチはGWの田植え前。ここで出来る米ってなんかパワーありそう。

熊野本宮に参詣された時はぜひ寄ってみてください。


さてブリュッケは8/1で開店27周年を迎えます。別段なにもしませんが。
お盆休みは8/11,12,13の予定です。

| | コメント (0)

街のバイク屋さん

Img20180212_16553035
ここでも何度か書いてるけど、僕が最初にバイクに乗ったのは高2の夏。

兄貴のおさがりの原付でした。
レジャーランド大学に入った年に中型免許とって、必死でバイトして買ったのが当時衝撃的だったヤマハRZ250。ビギナーだった僕はよくバイク屋のおやっさんに怒られた。

「チェーンにオイルさせよ」とか「タイヤのエアー入れろ」とか、また「学校はどないや?バイトは?」等バイク以外の事もよく話してた気がする。
にもかかわらず卒業前に信州で事故って廃車になってしまった。
でもバイクの魅力にはまってたので新車購入。当時超不人気で生産終了もささやかれていたSR400。僕には結構おもろいと思っていた。
その頃から世は空前のレーサーレプリカブーム。そのバイク屋にも10代の子らがたくさん来てる。
当然景気もいいんやろう、店も小ぎれいになって「**モータース」やったんが「YSP××」になった。
僕が「おやっさんYSPってなんや?」聞くと「ヤマハスポーツなんとかや!」と言う。
「なんとかってなんやねん」黙々と整備してた見習いの兄ちゃんが「プラザ、プラザ 自分の店の名前くらい覚えといて」と言って、みんなで笑った。

今度はその子らにおやっさんは小言たれてる。「-----ほんでこの兄ちゃんみたいに大事に乗れ」言うてる。
僕は「ええって、おやっさん俺もこんなんやったって」と言うと「ちゃうんや、兄ちゃんはバイトして買ったやろ。この子らは免許とってすぐ親に買うてもろてん。そやから気合がちゃうねん」 なるほど。

そんなある日、訪ねるといつもは笑顔で「毎度、今日はなんや?」と迎えるおやっさんがしょんぼりオイルの缶に座ってたばこふかしてる。「どないしたん?」
「おお兄ちゃんか、まー聞いてーな。俺は人殺しの道具売ってるんかもしれん」と言った。
聞くとレプリカモデルを納車してすぐ事故で高校生が亡くなったらしい。
返す言葉がなかった。
おやっさんは僕のバイクを見つめて「SRはええなあ」とつぶやいた。
僕が買う時「こんな走らんのでええんか?」言うてたくせに。
いつも見習いに整備させて「構造が簡単やから若い子の練習にちょうどええんや」言うてたくせに。

それから僕は引越し等で数年そのバイク屋と疎遠になってた。
実家に行ったついでに久しぶりにバイク屋のぞくとおやっさんの姿がない。
兄ちゃんに「おやっさんは?」聞くと「先週ガンで亡くなった」と涙目で言った。
またもや返す言葉がなかった。

あれから40年近くすぎたか。「おやっさん俺ずっとバイク乗ってるで。ほんでまたSR乗ってるで。」
 
  (終わり)

昔、駄菓子屋にたむろしてた昭和の男の子は小学校高学年になると、プラモデル屋とか釣り道具屋に集まる。
綺麗な完成品に憧れたり、でっかい魚の魚拓にときめいたりして楽しくすごした。
青年になると、ある者はバイク屋に、ある者は楽器屋等に集まる。

バイク乗ってたらかっこええと思ってた。ギター弾けたらモテルと思ってた。
そんな男たちも社会に出て、仕事、家族に追われて自分の時間がだんだん無くなって行った。
で、近年中年になった男たちは又なんかやろうという空気になってる。
またバイク乗ろう、とか大人のホビーとしてプラモデル作ろう、釣りを始めよう等々。

でもいつしか街のプラモデル屋さん、釣り道具屋さんは姿を消した。たむろする場がない。
うちみたいな酒場が少しそれの代役をはたしてるような。
バイク屋はまだちらほらある。時々お世話にもなる。
でも、もうおやっさんはいない。 なぜならバイクやの店主のほうが若い場合が多い。
ちょっとさみしい。

| | コメント (2)

シーズン到来

3_2

もう1週間たってしまった。
今年もやっとカヌーシーズンがやって来ました。
4/29,30 いつもの熊野一泊で行ってきた。

昨年10年ぶりに復活したミーやんが家族で参加。
以前よくご一緒した奥様も久しぶり。
そして2人のお子様。ミーやんが「4年生 はるこ と 一年生 そういちろう です」
紹介してくれた。「こんにちは!はるこちゃんは春の子?」と聞いたら「晴れの子です」
ほー晴子かー いいねー。「そういちろうはどんな字?」みーやん「漕ぐ一郎」!!!
へー「漕一郎!」これまたいいねー。夫婦パドラーならでは。

この子らはカヌーの申し子やね。ほんで字のごとくの日和。
マンネリ気味だったツアーが一変。カヌー部始まって以来、子供の声がひびく。
しかもこの子らさすがにアウトドアー度満点。

子供のように、いや子供と一緒に思いっきり遊んで、大人と酒のんで、子供のように眠り、大人の疲れが残った。
でも心のすみまで子供のようにすっきり。とてもいいツアーができた。
晴ちゃん、漕一郎、また一緒に遊ぼう。

P4290067    名艇 アリー に一家総出。さすが上手い。流れに乗った時の船足の速さにびっくり。ついて行けない。

P4290081    それに比べて、ほんまにこいつらときたら。

P4300095    寒ないか?
P4290091    勉強してる。P4290090    ピザとハンバーグ作ってあげた。

次は7月行けたらいいなあ。



| | コメント (0)

桜の魔力

2_2
正味2カ月サボってしまった。
春は何かと用事、行事が続く上、ここんとこ老朽化してきた店のリフォームに勤しんでる。

これではあかんと思って先週の4/1ちょこっとバイクで走って来た。
今年はあんだけ寒い長い冬やと思っていたのに、はや桜が満開です。
毎年、市内の桜が散る頃に郊外に見に行くので、まだ早いと思っていたらもうどこも満開。

スケッチはちょい乗りでよく訪れる高山ダム。通称月ヶ瀬ダム。
月ヶ瀬と言えば梅林が有名です。でも梅林は丘の上にあるのに比べて、桜は水辺に一杯咲いてます。

これがなかなか美しい。バイクを止めて、お茶しながらちゃちゃっとスケッチ。
春風が吹いてふわっーと桜吹雪。 

「大変よろしい!」なんかを褒める。
無機的で普段は絵になりにくいダム湖もこの時は別。

R0013143 R0013145 R0013146 いつもの公園で花見弁当 。

ここまで来る途中、大柳生のあたりかな?。何気ない田園風景。
ちょっと気に入ったので道草スケッチ。

1_2

なんでも無い風景でも、絵になる景色にしてしまう桜の魔力はほんとにすごい。
私たち日本人が古くから紅葉と共に愛してきた事を実感した半日でした。

これで春本番と思っていたら、なんなんこの週末の寒さ。
かんべんしてくれ。

| | コメント (0)

バードウオッチング

R0013087
昨年の秋の終わり頃やったか、大学時代の友人が久しぶりに店に来て「最近、バードウオッチングにはまってんねん。」とおっしゃる。
で、僕が「俺、中学、高校時代 野鳥の会入っててんで」言うたら「えっー!ほんま!」と驚いた。
まあ僕の趣味の中でも一番知られてないと思う。
と言う事で、昨年末と先々週の休みに、彼のホームである鶴見緑地に鳥を見に行ってきた。

熱いお茶のポット持って、おっさん2人で公園をぶらぶら。
彼がいままでここで撮った写真見てびっくり。 僕の感覚で言うと深山幽谷に行かないと見られないような鳥がこんな市内の公園にやって来てる。

驚いた。鶴見緑地あなどりがたし。

Img_7435_2 エナガ

Img_9001
コゲラ

Img_9135
カワセミImg_9165
ジョウビタキ ♂

 この日はわりと見る事がある子でしたが、次の週に行った彼から送ってきた写真。
Img_99203
ルリビタキ ♂ すごい!

近所で短い時間やったけど楽しかった。 FK君ありがとう。又行きましょう。
彼「学生時代の友達に飲みに行こか以外でまして昼会うのは初めてちゃうか?」

僕の世代、特にサラリーマンは仕事もだいたいメドがつき、子育てとかも落ち着いて最近趣味の話をよく聞く。
出番増えそう。老後の楽しみの種いっぱい撒いときましょう。

写真は全部彼です。  カメラほしいな。  

| | コメント (4)

2018 あけましておめでとうございます。

R0013085

あけましておめでとうございます。
皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか?

元日、2日は天気も良く、お出かけされた方も多いと思いますが、今日3日は大阪は晴れたり曇ったり、雪がちらついたりで寒い日です。

思えば平成の世もあと少し。
自分の歳とともに丁寧に生きようかと思います。
皆様にはいい一年でありますように。

さて店の営業は明日4日の夜からです。よろしくお願いします。

で、写真は昨年同様、話まったく関係ありません。
昨年の春頃から制作半ばでほってあったのを、冬に入って再開、この休みで仕上げた物です。
昨年、四半世紀ぶりに復活したプラモ制作。三つ四つ作っておもったのは冬場のインドアホビーとしてはいいのですが、あかん手がついていけへん、ほんで手よりも目、目が全然ついていけへん。まして10センチにも満たないキット、その上複葉機(あ、これ3葉機か)
パチもんの老眼鏡やからかも。
はずきルーペほしいなあ。どうなんやろ。

作品
 WWⅠ ドイツ空軍 フォッカーDrⅠ 1/72
  マンス フレッド フォン リヒトホーフェン 騎兵大尉機
  通称 レッドバロン

R0013079 R0013083 並べるとちょっとかわいい。

でも、もう複葉機なんか作れへんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今年も一年