大寒

Dscn0572

今が一年で一番寒い時でしょうか。
お正月休みにちまちま作ってたプラモデルがやっと完成した。
外に出るのも嫌な寒い休日、昼間ちょっと散歩して後はこんなんいじってます。

そしてまたもや手を出してしまった複葉機。 1/72なんで省略も多くわりとちゃちゃっと組めるんですが、塗装、デカール貼、ウェザリング(汚しですね)終わって、普通の単葉機ならここで完製です。
ところが複葉機はここから上翼の組み立て。途中で何度も挫けそうなる。
二度と手を出さないとこの時は誓う。

でも出来上がるとなんと可愛い!オープンコックピット、だいたいバイク乗りはここに惹かれますね。
おまけに空冷。どんな音してたんやろう。どんな風に飛んでたんやろう。
イタリア機 イタリアワイン飲みながら大空のロマンに浸る。
地味なオタクのささやかな至福。

フィアットCR42 FALCO 最後の複葉戦闘機 マッチボックス 1/72

Dscn0585  Dscn0586  Dscn0573

| | コメント (0)

新年

Dscn0326
新年 あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いいたします。

元日、2日と親の顔見に行ったり、近所に初詣に行ったりと小っちゃい用事をちゃちゃっと済ませば、夜はゆっくり。
普段夜の仕事してるからか夜が長い。絵を描いたり、プラモデル作ったり静かに過ごした。

昼間、用事の合間にカメラ持ってお散歩。鶴見緑地でバードウォチングです。
なんか年末から気になってるんやけど、鳥が少ない気がする。
いつもなら普通に居てる、シジュウカラや百舌鳥があんまり居ない。
秋が暖かかって、市内ではこれからなんかも。気のせいかも。

それにしても、手持ちでズームで撮るのって難しい。

一番ましに撮れたのに限って、足切れてる。
まあ、これから少しずつ慣れて行くでしょう。
さあ、お店は今夜からです。がんばりましょう。
皆様お待ちしております。

早速で悪いのですが1/19(土) 臨時休業いたします。
甥っ子の結婚式です。
よろしく。

Dscn0316 Dscn0334

| | コメント (0)

今年も一年

P8130174_2
クリスマスもサクっと終わって(ここでクリスマスの案内するの忘れてた)今年も終わろうとしています。
新しい素敵なご縁があったかと思えば、病に倒れ逝ってしまった同級生もいてます。

そんなこんなを繰り返しながらも無事一年を過ごせたのも応援してくださる皆様のおかげかと思います。
ありがとうございました。

年末年始ですが、年内は大晦日鐘がなるまでやってます。30日の日曜もやってます。
(ランチは28日まで)
31日は例によって、そばご用意しています。
お掃除も終わり、テレビも飽きたらお越しください。
明けは4日からです。(ランチは7日から)

年末寒波がくるそうです。皆様お体に気を付けて良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0)

万博公園

14
先日、11/11の日曜日、万博公園にスケッチのレッスンに出かけた。
ネットで調べてたら、なんかこの時期、駐車場や周辺道路が混雑しますとか言うてるので早めに行った。
まあmamiさんが車で迎えに来てくれたんで楽でしたが、開門前に着いてしまった。
でもこれが大正解。
僕らの前に並んでいた人達は開門と同時にひととこ目指して走って行った。
なんかイベントがあるらしい。
僕らはほとんど人気のないとこをのんびり散歩して、いいポイントでスケッチブックを開いた。

前回で彼女の絵の長所、短所が少しわかったので、僕なりに考えた彼女に向いた画法を勧めてみた。
これがうまく行って、出来た絵にとってもお喜び。僕もちょっと嬉しい。
人にもの教える喜びってこんな事なんかなあってちょっと思った。

それにしても万博公園、めっちゃいい。来たのは20年ぶりくらいか、自然な感じの森や芝生、混雑時期と言ってもごったがえさないキャパ。ヨーロッパみたい。

一枚描けて、いつものお弁当。運転じゃないので僕だけビール。
バードウォチングしながらのランチ、とてもいい気分。

Kimg0153  Dscn0223
入園料はらう価値ありですね。冬もっと人少ない時もええやろなあ。
また来よう!

Dscn0238 どっから見ても圧倒的な存在感の太陽の塔

Kimg0155 写真見せてとよく言われますが、本人の希望で顔出しNG

これから季節は怒涛の速度で移ろいます。落ち着いて丁寧に過ごしましょう。

| | コメント (0)

恒例 秋の明日香

12

この日曜日、ここ数年毎年秋に訪れる明日香に出かけた。
いつものように、お弁当、ポットの熱いお茶、スケッチブック持ってツーリング。

奥明日香に向かう途中でいつも景色眺めてる場所でスケッチブックを開いた。
ここまで来ると観光客も少なく、レンタサイクルや歩きの人が時々後ろ通るくらい。
前回の中之島の時、絵具も出して現場で仕上げるのが久しぶりに楽しかったので今回も絵具を広げる。

熱いお茶の飲みながら描いてると、後ろの林で「キキキーキキキー」百舌鳥が鳴いてる。
一人で楽しむ贅沢な時間。いいねー つくづく安上がりな人間やと一人思う。

なんか適当にちゃちゃと仕上げて、移動もめんどくさいのでここでお弁当。
自分で作った弁当もこういうとこで食べるといけるもんや。
Dscn0213

その後ちょっと移動して明日香の中心、橘寺。
言わずと知れた、聖徳太子の生誕地。
ここは以前5.6年前かなー、このブログでUPした。
絶好のスケッチポジションにベンチがある。故にこの構図の絵はよく見かける。
人も若干多いのでスケッチブック開かず、あえて前と同じとこで写真撮って帰宅してから描いた。 これ

13
季節は違うけど以前描いたのがこれ。春先やったかな?Img154
ああー やめときゃよかった! ぜんぜん進歩してないちゅうより前の方がなんか素直に描けてる。
今のは変にごまかしたり、見得作ったり。 なんかへこむ。

うーん ちょといろいろ考え直さなあかんかも。

これからいよいよ紅葉シーズン本番。 いろいろ出かけよう。

| | コメント (0)

中之島スケッチ

10_3
先々週の日曜日になっちゃったけど、中之島公園にスケッチに行った。

今年の春から絵のレッスンをしてる奥様Mamiさんとお弁当持ってデート かなっ?

まだ日差しもきつかったんで、いい構図というよりいいロケ優先です。
ここちいい木陰に陣取ってスケッチ。覗きに来る人もなくゆっくり描けた。
スケッチはよく行くけど現場で絵具まで広げるのは久しぶり。

爽やかな風に吹かれて気持ち良く描けたんですが、教えるのって本当に難しい。
ある程度からは自分でどんどん描いてもらって、経験値上げるしかないと思う。

一枚描けたとこでお弁当を広げた。Mamiさん大喜び。
「人にお弁当作ってもらうのって何年ぶり?」 なるほど。お子様のために何年も作ってきたもんね。

とっても楽しかったんで、次回紅葉の頃に又行きましょうという事になった。

中之島は選びようで絵になるとこがいっぱい。周りのビル群に比べて、市役所は景観に配慮してるのがよくわかった。

Img077_4 Img159_2 Img176_2 過去に描いた中之島

以前、川にペンを落とした水晶橋。今回はペンケースごと忘れてきた。
中之島で一番好きな橋やのに、ペンなくす橋になってしまった。

気が付いて2日後、Mamiさんがチャリンコでさがしに行ってくれた。
無かったけど、とってもいい人です。
お礼に一枚。

11_2

| | コメント (0)

呼ばれたような

7

ちょっと涼しい日があったと思ったら、またまた猛暑。
いつまでも暑い日が続きます。

でも個人的には夏のイベントというか、遊びというか公私ともに一通り終わったような感じ。
夏のターンが終了かな?

で、たいした予定の無い日曜日、暑い間乗れなかったバイクでちょこっと出かけた。
近くて少しは涼しいと思って向かったのは能勢。以前走ってて通りすがりに気になってた神社。
その時は時間がなくて行かなかったので、なんか行きたくなって目指した。

そこは「久佐々神社」 創建は和銅六年、西暦713という由緒ある社らしい。
その上「延喜式」といういわば公立というか官制の神社。

鳥居をくぐって、苔むした参道を進むと、これまた古い本殿。
いいよ、いいよ、いい感じ。なんかとてもいい物の怪がいてそうな気配にしばし佇む。
ツクツクホウシの蝉時雨につつまれる。
以前も書いたけど、このままヒグラシ鳴くまでいときたい。

下ってきてバイクの傍らでお茶飲んでたら、僕と同じくらいの年恰好のおっちゃんがやってきて「ツーリングですか?」聞いてきた。「それほどでもないちょい走りです。ここはいい神社ですね」と聞くと、「とおりすがりでなんか気になってよったんです。」とおっしゃる。
「僕もです」と答えた。
「では」と別れた。その人は参道を上がって行った。
さっき僕がいてたあの空間が異世界に思えて、この人は今から入って行くんやと見送った。

今日、僕もこの人もなんかこの神社に呼ばれたんではないかと思う。

だいたい。この能勢界隈は寺社仏閣に限らず、集落もなんか落ち着いたいい感じ。
うまく言えないけど、強いて言えばトトロがいっぱいいてそうな所。
気持ちがざらついたらまた来よう。

Dscn0128 Dscn0126_2 Dscn0125 Dscn0131

| | コメント (0)

夏休み

Img205

あー暑い! どこでもドアーじゃなくていい。熊野ドアーでいい。ほしい!

で! ブリュッケの夏休みは8/11,12,13の土日月曜日です。

スケッチは過去の使いまわしです。ごめんなさい。

| | コメント (0)

瑞穂の国

5
またまた2か月もさぼってしまった。ごめんなさい。

その間、地震、大雨、長雨、猛暑、台風といつになく立て続けに襲ってきた。
各地で被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。

どうもこの国は大古より、地震や津波、台風、火山爆発等々たくさんの自然災害に会って来た。
でも、我々の先祖達は挫ける事なく、助け合い、励まし合い、一致団結して何度も乗り越えてきたんだろうと思う。壊れた家、街を立て直し、田を耕しその度に復活した。

多分、この事が秩序を守って、協力して、お互いを尊重する民族性につながったに違いない。
そして、その自然からの恩恵、どこにいってもある綺麗な水、豊な自然がもたらす豊富な食材、温泉等々に囲まれて続いてきた。

それらを恐れ、敬い、畏怖する事のシンボルが神社や八百万の神々だろうと思う。

スケッチは熊野本宮大社の旧跡地。「大斎原」(おおゆのはら)
本来熊野本宮はここにあった。 明治22(1889)の水害で流されて、今は国道挟んだ山の上にある。
古来より神が鎮座されてた場所まで流れる水害。想像出来なかったのが、6年前だかの被害を見て納得出来た。

この「大斎原」行ってみるとさすがにいい所。落ち着いた気に満ち溢れている。
このスケッチはGWの田植え前。ここで出来る米ってなんかパワーありそう。

熊野本宮に参詣された時はぜひ寄ってみてください。


さてブリュッケは8/1で開店27周年を迎えます。別段なにもしませんが。
お盆休みは8/11,12,13の予定です。

| | コメント (0)

街のバイク屋さん

Img20180212_16553035
ここでも何度か書いてるけど、僕が最初にバイクに乗ったのは高2の夏。

兄貴のおさがりの原付でした。
レジャーランド大学に入った年に中型免許とって、必死でバイトして買ったのが当時衝撃的だったヤマハRZ250。ビギナーだった僕はよくバイク屋のおやっさんに怒られた。

「チェーンにオイルさせよ」とか「タイヤのエアー入れろ」とか、また「学校はどないや?バイトは?」等バイク以外の事もよく話してた気がする。
にもかかわらず卒業前に信州で事故って廃車になってしまった。
でもバイクの魅力にはまってたので新車購入。当時超不人気で生産終了もささやかれていたSR400。僕には結構おもろいと思っていた。
その頃から世は空前のレーサーレプリカブーム。そのバイク屋にも10代の子らがたくさん来てる。
当然景気もいいんやろう、店も小ぎれいになって「**モータース」やったんが「YSP××」になった。
僕が「おやっさんYSPってなんや?」聞くと「ヤマハスポーツなんとかや!」と言う。
「なんとかってなんやねん」黙々と整備してた見習いの兄ちゃんが「プラザ、プラザ 自分の店の名前くらい覚えといて」と言って、みんなで笑った。

今度はその子らにおやっさんは小言たれてる。「-----ほんでこの兄ちゃんみたいに大事に乗れ」言うてる。
僕は「ええって、おやっさん俺もこんなんやったって」と言うと「ちゃうんや、兄ちゃんはバイトして買ったやろ。この子らは免許とってすぐ親に買うてもろてん。そやから気合がちゃうねん」 なるほど。

そんなある日、訪ねるといつもは笑顔で「毎度、今日はなんや?」と迎えるおやっさんがしょんぼりオイルの缶に座ってたばこふかしてる。「どないしたん?」
「おお兄ちゃんか、まー聞いてーな。俺は人殺しの道具売ってるんかもしれん」と言った。
聞くとレプリカモデルを納車してすぐ事故で高校生が亡くなったらしい。
返す言葉がなかった。
おやっさんは僕のバイクを見つめて「SRはええなあ」とつぶやいた。
僕が買う時「こんな走らんのでええんか?」言うてたくせに。
いつも見習いに整備させて「構造が簡単やから若い子の練習にちょうどええんや」言うてたくせに。

それから僕は引越し等で数年そのバイク屋と疎遠になってた。
実家に行ったついでに久しぶりにバイク屋のぞくとおやっさんの姿がない。
兄ちゃんに「おやっさんは?」聞くと「先週ガンで亡くなった」と涙目で言った。
またもや返す言葉がなかった。

あれから40年近くすぎたか。「おやっさん俺ずっとバイク乗ってるで。ほんでまたSR乗ってるで。」
 
  (終わり)

昔、駄菓子屋にたむろしてた昭和の男の子は小学校高学年になると、プラモデル屋とか釣り道具屋に集まる。
綺麗な完成品に憧れたり、でっかい魚の魚拓にときめいたりして楽しくすごした。
青年になると、ある者はバイク屋に、ある者は楽器屋等に集まる。

バイク乗ってたらかっこええと思ってた。ギター弾けたらモテルと思ってた。
そんな男たちも社会に出て、仕事、家族に追われて自分の時間がだんだん無くなって行った。
で、近年中年になった男たちは又なんかやろうという空気になってる。
またバイク乗ろう、とか大人のホビーとしてプラモデル作ろう、釣りを始めよう等々。

でもいつしか街のプラモデル屋さん、釣り道具屋さんは姿を消した。たむろする場がない。
うちみたいな酒場が少しそれの代役をはたしてるような。
バイク屋はまだちらほらある。時々お世話にもなる。
でも、もうおやっさんはいない。 なぜならバイクやの店主のほうが若い場合が多い。
ちょっとさみしい。

| | コメント (2)

«シーズン到来