« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

並木道

先日の日曜日、湖北に紅葉を見にツーリングに行きました。
当初、西播磨に行くつもりでしたが、加古川のTom&Kazuさん夫妻が、滋賀県マキノのメタセコイヤ並木に行ってみたいとおっしゃる。

この季節には行った事なかったので、「どうなってるの?」聞いたら、「紅葉してるらしい」との事。
「それは見てみたい。」 で話は決まり、Ebiちゃん誘って行ってきました。
例によって詳細はEbiちゃんのブログでどうぞ。
彼はいつも行った日に編集して、BGMもつけてUPされています。すごい。

湖西の北上につれて、色づいて行く比良山系がとっても綺麗です。
この季節は紅葉に朝日があたるので、琵琶湖廻るのもこっち周りが正解かな。

メタセコイヤ並木はほんとヨーロッパの田舎道みたい。
初お目見えのTomさんのR1100Rの赤が映えます。(ごめんなさいスケッチは次回で)
海津大崎から奥琵琶湖パークウェイは絶景でした。
バックに初冠雪の伊吹山、手前は全山紅葉の賤ヶ岳、眼下には蒼くしずかな琵琶湖。
近場でこれだけの景色。感動にひたりながら、ぼっーと走ってたのでスケッチはおろか、写真もありません。

湖北地方はまもなく一面、雪景色になります。
その前にほんの一瞬、持ってる絵の具を全部使ったような表情を見せてくれます。
神様がくれたご褒美の前倒しでしょうか。

| | コメント (2)

手動式

最近、ランチタイムのホットコーヒーを入れる時、豆から挽いています。
ミルは電動の小さいもんです。うちぐらいの数では業務用のでっかいのも不要です。
それでも、若干薫りもよくお客様にも好評をいただいています。

しかしこのミル、いかにもたよりなさげです。
もしランチタイムに壊れたら、豆の形で仕入れてるのでたちまちコーヒー入れられません。
これは予備を買っとかなくっちゃ。と思っていたら、商店街の空き店舗でやってたフリマの店先で、見た目もいい手動のミルがありました。
「おばちゃん、これちゃんとつかえる?」 「さあー わからん」
まあいいかー、千円で買って来ました。

ひまな夜、さっそくガリガリ豆挽いて入れたコーヒー。
「おいしー、いい薫り!」めっちゃ得した感じです。

夜もお出し出来ます。手ふさがってたら自分で挽いてね。
\400にしようかなー。

| | コメント (0)

お手紙

先週の事ですが、2~3日見てなかった店のメールボックス(郵便受けの方)あけたら、知らない人からの手紙が入っていました。
よく見ると、名前のあとにR100Rって書いてあります。
あー分かった、彼か。
前回のマックスフリッツ神戸店 さんのツーリングで話した彼だ。
昼食時、同じテーブルになりました。今乗ってるバイクは同じエンジン。
前のバイクも同じキックスタートのSRX600、お世話になってるショップも同じシュロス神戸さん。

いろいろ話もはずみ、名前は聞いてなかったのですが、僕の名刺わたしました。
で、彼は僕の写真2枚と直筆の手紙を送ってくれました。
その写真も写真屋さんでプリントされた、きれいな写真です。

なんでもメールですます時代に、温もりのあるお便りです。
僕もそうそうにポストカードに彼のバイク描いて、お気にのパーカーのペンで礼状をしたためました。
(したためる うーん、いい日本語ですね。)
しかしもともと字へたやのに、久しぶりに書いたらほんとどへたです。
でも、ちょっとしたやりとりですが、もらっても、返しても楽しい出来事でした。

携帯、パソコン 通信や情報は大量、高速になってる世の中やのに、淋しい人や孤独感いっぱいの人は増えてるような気がします。

| | コメント (0)

江戸っ子ライダー

連休の真ん中、天気も良さそうなので、弁当もって紅葉をもとめてツーリングに行きました。
今回から水筒のお茶も熱いのになりました。

行き先も決めず、奈良から伊勢街道方面に向かいます。
大宇陀の道の駅でお茶をすすってると、新旧いろんなビーエムが6~7台やって来ました。
みなさん、関東一円から来られたおじさんライダーです。
すぐにうちとけて、バイク談義で盛り上がります。草餅までおごってもらいました。

地図を広げてこんどは僕が情報提供です。
すると隊長格のおじさんが「伊賀上野城ってどんなの?」聞かれました。
僕は「いいお城ですよ、築城の名人、藤堂高虎が縄張りしましたから。」つい歴史おたくがでます。
「お兄さん、歴史も詳しいんだ。 男っぷりもいいし、大阪の兄さんがこう言ってるんだ、そこ行こうよ。」

衆議は決したみたいです。聞きなれない気っぷのいい江戸っ子弁で誉められて、単純な僕はけっこういい気分です。
台数のわりに静かに走り去るおじさん達をみおくりました。
「とっつぁん達こそかっこいいよ、気を付けて走ってくんな。」

その後、高見峠を越えて、小さいダム湖周り走った後、展望台でお弁当です。
「いい景色じゃねえか。」ソロやから、あれから誰とも話して無いので、一人言が変な江戸っ子になってます。

帰りに名所、談山神社に寄りました。山門にバイク止めて、参道をぜーぜー言うて登ります。
ところが上に着くと人でいっぱい。上に大きい駐車場があって、ぞろぞろきます。

「なんでなんでー、おめえさん方 お参りする時ぐれい門に一礼して 参道を通って来るのが筋ってもんじゃねええか。近道できて御利益もらおうって虫がよすぎやしねえか。」
このへんになったら、遠山の金さんか岡っぴきです。

僕はそこであきらめて戻って来ました。
それにしても、この山門、負け惜しみじゃなく いい感じです。内外の真ん中に大きい石があります。
気をとりなおして、ゆっくりスケッチです。

「さあ けえってかかあと飯くっか。」

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »