« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

エコ

前回と前々回のブログで書いた理由で、今、車もバイクもありません。

あるのは、エスキモー型手こぎ舟(いわゆる カヌーです)1艇、足こぎ式2輪車(チャリ)1台です。
なんともエコではありませんか。
Co2排出量はおいらのはく息のみ。 まあバイクはもうすぐ車検、修理終えて戻ってきますが。

おもえば高2の夏、原チャを手にして以来、バイクや車、あるいは両方常に所有してたみたい。
車が無くなったのは、淋しいですが、このなんも無い解放感も楽なもんです。
手続きの楽な軽自動車ですら、いろんな書類があります。
これは、しがらみの証しでしょう。

て言う訳で先週末は電車移動オンパレード。
土曜は、おけいはんで伏見稲荷。日曜はJRでおやじの隠居宅へ。
最初から車無いのわかってるから、案外苦になりません。
「あー暑かった ビールっ 」 って言うのもありやし。

スケッチは伏見稲荷の奥山。
もちろん車もバイクも通れません。昔ながらの石畳。
電線とガラス戸以外は、江戸時代以前のまんまでしょう。

やはり人間、歳とればなおさら歩かねば。
ほんで、声高らかに言いましょう。

「とりあえず ビール。」

| | コメント (8)

さよなら 小僧

昨日、永年乗ってた愛車ジムニーを手放しました。
この子は15年ほど前、学生時代の友人から結婚を機にゆずり受けた車です。
披露宴で「新郎、新婦からのブーケトスと思って大事にのります。」などとキザなスピーチしたのを思い出しました。

あれからいろんなとこ、いろんな人乗せて行きました。
特にカヌーにはかかせません。
行くまでは高速とかでひーひー言ってるけど、川に着けば無敵です。
河原で人や舟を水際までピックアップ。
古いカヌー仲間から「小僧 小僧」といわれ親しまれてました。

今回、身売り話ししていたら、走行中に壊れてしまいました。
愛車に聞こえるとこでそんな話ししたら、すねて壊れたり、ひどい時は心中はかられます。
学生時代、RZ250 信州で無理心中されかけました。 バイクは廃車でした。

結局、ジムニーは修理して、友人に引き取ってもらいました。
彼は、手を加えてオフロードで遊ぶつもりみたいです。
近いうちにマッチョになった小僧に会えるかも。

暑い暑い夏の日、熊野の蒼い空の下、河原を飛び跳ねるように疾走する小僧の雄姿を忘れません。

P1110804 P1110794

| | コメント (7)

伊賀の国

梅雨入り前の日曜日、日帰りツーリングの定番。 青山高原に行って来ました。

今回は、中学、高校時代からの友人
悪友祇園みかくのみたちん。BMW R1150RS
今回、初めて一緒に走るさぎちゃん。ハーレー ロードキング
僕 BMW R100RS の3人。

彼は若い頃、ロードレーサーで全日本のランキング入りしていたベテラン。
綺麗なハーレーを、丁寧かつ美しく走る姿はほんとかっこいい。静かなハーレーいいですねー。

木津川の沈下橋を渡って、高山ダムあたりのワインディングを楽しんだ後お昼へ。

お昼は、名阪友生IC近くの鮨処もり口。 このお店、以前うちの近くにあって(その当時は かっぱ寿し)女将様にはお世話になりました。
看板娘のゆみちゃんは、うちで4年ほどバイトしてて、よくカヌーツーリングに行った仲間です。
皆様おかわりなく、商売繁盛のご様子、なによりです。 大変おいしいお昼。ありがとうございました。

ここでさぎちゃんは帰宅。みたちんと青山高原へ。 彼はこのへんは初めてとか。
伊賀というとこは、司馬遼さんか誰かが書いていましたが、京、大阪の人は遠いイメージがあるそうです。
でも以外に近い。この錯覚が戦国時代、忍者に代表されるような勢力が活躍できた元とか。

高原のてっぺんには、風力発電の風車がたくさん回っています。
ちょっと宮崎アニメの世界みたい。
東海と近畿、両側に一度に見える景色は絶景です。

帰りに僕のバイク、セルが廻らなくなって、下りの惰性で始動。
休憩無しの帰路に付き合ってくれた、みたちん。ありがとうございました。
来週から、車検も兼ねてしばらくドッグ入りです。

でも旧友とのツーリング、ほんと楽しかった。また行きましょう。


P6070162 P6070161 P6070165 P6070170

| | コメント (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »