« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

忘れてた

あかんなあ。

暑さで大事な事忘れてた。

ブリュッケは8/1で開店19周年です。

まあ微妙に中途半端ですので、別段どうと言う事もありませんが。

31日(土)ご来店頂いた方々とささやかに祝いたいと思います。

来年は20周年。ちゃんとなんか考えとかなあきません。

| | コメント (6)

暑中お見舞い申し上げます

暑い暑い日が続いています。ついだらだらでなかなか更新できませんでした。

先週の連休、いつもカヌーで行く熊野にバイクでキャンプツーリングに行ってきた。
空冷2気筒ばかり、5台。暑い奈良盆地を抜け、吉野から紀伊山地へ。
緑あふれるワインディングを走り、瀞の郷で休憩。
ここは、カヌーツーリングのスタート地点。清流を眺め休んでいたら入ってきた1台のバイク。
白いアメリカン。ハーレーかと思ったら、モトグッチのカリフォルニアビンテージ。
なんとも上品でかっこいい。ライダーも爽やかな方です。
真ちゃんのグリーゾと並べて記念写真。 「今日は熊野で集まりあるの?」
2台ならんだだけでつっこまれるグッチ。

キャンプ地の河原でビール飲んで、泳いでいたら近づいてきた1艇のカヌー。
リバースチールというメーカーのマジェッタ1。これまためずらしい舟です。
15年くらい前に川崎製鉄が道楽で売っていたウッドフレームのファルトボートです。
川鉄やからリバースチール。いろいろお話して一人下って行きました。

空が茜色に染まる頃、祇園みかくの肉でしゃぶしゃぶ。当然うまい。
暗くなり焚き火で酒盛り。でも今回ちょっと酒がたらんかも。「どうしょう、どうしょう」とほざいていたら先ほどのパドラーがなんとワイルドターキー抱えて登場「一緒に飲みましょう。」 「よろこんで、もうちょいはよ来たらいい肉あったのに。」

暑さに起こされた朝。その兄ちゃんはいません。
「かっぱやったんか?」 「いや熊野権現様の使いや、肩にやたがらす止まってた。」などといいながら夜は営業なので早々に撤収です。
ほとんどかたずいたとこに、シェラカップが2つ。彼のや。
名刺わたしたはず。これを見たら連絡ください。おあずかりしときます。またお礼もしたいです。

バイクもカヌーも粋なんに乗ってる人はソロが似合います。かっこいいです。
僕も目指そう。

Photo_2 Photo_3 P7180379 P7180380 P7180381 P7180395

| | コメント (13)

山崎蒸留所

体ごと絞りたくなるような、梅雨真っ只中の日曜の遅い朝。
冷房が効きすぎた地下鉄とJR乗り継いで、外の空気にふれたのが山崎駅。

レトロな駅舎を出ると、これまたレトロな駅前。
爽やかな空気に思わず「ホッー」。 梅雨も後半を告げるかのように青空もちらほらのぞいてきました。

旧街道の風情を残したお堂に集まった老若男女十数名。
髷でも結って、着物着たら時代劇か落語に出てくる長屋の遠足みたいになるでしょう。
覗いた用水路にも澄んだ水が流れ、はさみに藻をいっぱい付けたモクズガニがいてます。さすが名水の郷。

線路沿いに少し歩いて、踏切越しに山手を見ると今度は欧州みたい。森に囲まれたきれいな蒸留所。
時間も空間もあちこち動いたような錯覚に陥りました。
でも、普段見るのと同じ選挙ポスターの掲示板に、ここが大阪である事を教えられます。


工場内はどこも、感動します。
美人のお姉さんの丁寧なガイドにいちいちうなずてついて行く一行。
移動の時、先頭にいる僕はいろいろおしゃべり。楽しい。
うちのメンバー、集合の時はなかなかなのに、こういう時はぴったり付いてきます。
「ちょっと離れてよ。」とも言えず、糸とんぼが舞う清らかな泉のある庭から試飲出来るホールに案内してくれます。
氷もチェイサーも炭酸も仕込み水で出来てる、贅沢な水割りやハイボール。最高にうまいっ。(時間内ならおかわり可)こんな贅沢は同じサントリーの白州か、ニッカの余市ぐらいしか出来ません。
しかも無料で、大手企業の本気に一から十までまいりました。
僕もがんばりますです。 はい。

その後、土産物コーナーに世界のウイスキーが飲める(格安で)コーナーでゆっくり。
みんな喜んでくれたかな?
「とっつぁん、どない?」  「よっしゃ、これでだんどり解った」  また来るつもりらしい。
ほんと四季おりおり来てみたくなるとこです。
参加された皆様、おつかれ様でした。次回はキリンビール三田工場を予定してます。


これを機にブリュッケでは、山崎12年をショットでお楽しみ出来ます。
1ショット1000円です。
華やかで奥行きのあるメードイン大阪をぜひ味わって下さい。


P7040363 P7040368 P7040369 P7040374 P7040375

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »