« 空冷 | トップページ | 飛鳥 »

北の3兄弟 (エッセイ)

Img120_2

「ほんまに、もうっ おもろないっ。」

一月近い北海道ツーリングも終盤。僕は体も心も、もやがかかったように塞ぎ込んでいた。

あれは大学3年の夏やから、80年代初頭。

気楽な学生生活、必死でバイトして稼いで、あこがれの北海道ツーリングに出た。

5,6人の友人とばらばらに出発して、途中でくっついたり離れたりしながら約1周。

当然北海道ツーリングは右回りか左周り。

フェリーが多いので関西人は小樽、関東は釧路か苫小牧を起点に回るので、そのあたりは旅も終わりのヤツとこれからのヤツが入り交じる。

そして知床や礼文、利尻といったあたりで旅はピークを向かえ旅人ははじける。

僕は根室で一人でいる時出会った女の子2人づれ2組、男3人づれと僕4、4で仲良くなり旅を続けた。いずれも学生。

バイクと汽車に分かれての旅。笑いにつつまれた夢のような時間だった。

勝手に恋の予感を残しつつ、別れ別れになった。

僕は抜け殻のようになり、何もおもしろくなかった。早く帰って、又みんなと再開したい思いと、お互い学祭で会おうと交わした言葉が支えで旅をしていた。

そしてこの宿。さっきから真ん中ではしゃいでるヤツら。それは先日までの自分か?

もうすぐ、このバンナダとんぼめがねがギター持って、岬めぐりか落陽やるか、いや横の小太りロン毛が怪談始めるか、そんなとこだろう。

「あーあ、明日は札幌で静かなビジネスホテル泊まって、小樽から帰ろう」

場はにぎやかに旅の伝説で盛り上がっている。いずれも聞いたことある話ばかりだ。

一人で酒のんでる僕に突然「ねえねえ、大阪の彼 こんなん知ってる?」とバンナダとんぼめがね。なれなれしいいけどまあいいか「何?」

「ピースサイン出すと、こんなん返ってくるライダー」彼は身振り手振りで、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンエースの3兄弟の光線のポーズを真似た。

「シュワッチッ!3台のバイク見ませんでした?」 ふーんそれは初めて聞く話やなあ。

「ごめん、しらんわ」 よう作りよったなあ。僕は早々に寝て、朝一で宿を出た。

これがホームシックか? 待ってる彼女もおらんくせに誰か待ってるような気持ち。

札幌に向かって走っていると、3台のバイクが来た。「まさか」と思ってピースサイン出すと、見事な呼吸で「シュワッチッ!」 あまりの見事さに僕は一瞬息が止まった後、思いっきり笑った。メットの中でゲラゲラ笑っていたら、いつのまにか涙があふれてきて泣いていた。

何故泣いているのかわからず、バイクを停めてボッーとしていたらどんどん気持ちが晴れていく。

「もう少しだけ旅を続けようか」地図を見て、町への道をそれて走りだした。

そこには北海道に上陸した頃の青い空と大地が広がっている。この何日か見えていなかった空。

そして、前、何も走っていない、走って来ない。バックミラー 何も追いついて来ない。2サイクルの白い煙が2本伸びているだけ。左右、誰もいない。畑、草原?

僕は一人で

「いくで、 せーの  シュワッチッ!」

おわり

|

« 空冷 | トップページ | 飛鳥 »

コメント

ホカイドー

走りたいです。

そして礼文島!!とてもとても行きたいところです。。。

礼文島≒レブントウ≒レイブン≒RAVE

(北海道には二度行ったことあるんですが、ライジングサンというイベントに参加するだけの、観光ナシ強行ツアーなのです。)


バンダナメガネの彼、、関係、接点無いようでいて実は繋がりがあったんですね。


うまく表現出来ませんが、素敵な体験ですね。

投稿: キャサリン | 2010年10月16日 (土) 21時06分

キャサリン様 ありがとうございます。
うまく言えないあふれる思いこそ青春ですね。
まだまだこれから青春を謳歌して下さい。

投稿: マスター | 2010年10月17日 (日) 16時44分

切なくも、また、希望に満ち溢れた青春。
お金はないけど、体力はある、気力も充実。
 何でもできるという根拠のない自信。とにかく、北へ行きたいと乗り始めたオートバイ。未だ完結に至りません。自分にとって北海道は山登りに例えるなら、富士山みたいなとこです。。。

投稿: Tomo-Z | 2010年10月20日 (水) 00時00分

Tomo-Z様 ありがとうございます。
ほんとあのころにバイク乗っててよかったと思いますねー。
お金も体力も気力もない今からは、どのようにバイクライフを楽しみましょうか?
共に悩みながらとりあえず走っていきましょうか。

投稿: マスター | 2010年10月20日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空冷 | トップページ | 飛鳥 »