« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

春はまだか

Img136

気候のせいか、景気のせいか、心身共にぱっとしないまま土曜日を向かえてしまった。

このままでは、だらだらと休日を終えて、ぱっとしないまま月曜日になってしまうかと思ってたら、夜、中高時代からの親友が来店。

長い事彼と接しているが、彼が本気で怒ったり、悩んだり、落ち込んだりしてるのを見た事ない。

そのかわり一生懸命がんばっているのも見た事ない。

実際以前、僕に「俺らがんばった事ないやんのう」って言われた事がある。

「いや、俺はちょっとはがんばった事あるでえ」言わなしゃあない。

いたって脳天気な友としゃべっていると、気分がだいぶほぐれてきた。

ありがとう。

日曜日、早起きは出来ませんが、この勢いでバイクを走らせましょう。

いつもの、笠置、高山ダム、西名阪というお散歩コース。

山陰に雪の残るワイディングをゆっくり駆け抜けていくと、どんどん気分が晴れて行く。

このまま帰るには、ちょっと時間が早いので、気分転換の仕上げに斑鳩 法隆寺に向かった。

ここは、四天王寺とならんで、聖徳太子が開いた日本仏教最初地。

でも子供の頃、池で亀釣ったり、野球やったりした四天王寺とえらい違いです。

まあコンクリートで再建されたのと違い、こちらは国宝、世界遺産。

観光客も少なく、広い伽藍を歩くと気持ちもゆったり。

ちょっと寒いけど、立ち止まってちゃちゃっとスケッチ。

どうも僕は神仏と言うより、この均整のとれた寺社仏閣の空間に心和むみたい。

それに、山や川、海。 なによりも友。

「和をもって 貴しとなす」 ですね。

P2200530

いつもの沈下橋。 こんな名前っていつから?「恋路橋」って。

こっぱずかしい。 大河原の沈下橋でええやん。

P2200532

まあ、なんと雅な地名でしょう。 実家のある「桃谷」は?

P2200534_2 P2200535  あうん

| | コメント (6)

川崎重工

Img134

寒さも一段落して、2週間ぶりに休みになった日曜日。

お弁当持って、どっか行こうと思ってたら、「神戸のカワサキワールドで、W800の発表かねてWシリーズのフェアーがあるので行きましょう」とのお誘い。

駐輪場には、昔のW1や旧メグロ系のバイクがいっぱい。

同じカワサキでも Z系の方々は「おらおら 男カワサキ 俺等 Z2じゃ のかんかいっ!」

ちゅう感じでちょっとこわいけど、こちらは「おっちゃんら、ずっーとメグロ乗ってまんねん」て言う感じでほのぼの。

ここは2回目なんで、ゆっくり見て廻って思いました。

関西にカワサキがあってよかった。もしドイツみたいに、東西分離占領されてたら、こっちの2輪メーカーはカワサキだけやったんか。

男の子やったら、こんな風に船や橋、飛行機作る仕事してたら誇らしいやろなあ。

とか言いながら、30年余のバイク歴、10数台乗ってますが、見事にカワサキだけ持ったこと無い。

カワサキ製やったら何がいい?って聞かれたら「空母 瑞鶴、 戦艦 榛名、三式戦闘機飛燕」とか答えてしまう。 あかん、話変わってしもうた。

外に出て、海を見ながらお弁当。白亜のオリエンタルホテルの前に、これまた純白のルミナス神戸。

さっきまで、男のカワサキワールドにひたっていたので、ちょっとこの少女趣味にどんびき。

後ろで、へたなトランペットの練習してる思ったら、バイクのからぶかし。

せっかくゆっくりしてるのに、うるさいと思った時、ルミナス神戸が出航の汽笛を数発。

かっこいい。周りはあっとうまに静粛です。やっぱりお船の勝ち。

遠くに霞む、クレーン群に造船神戸の本当の力を見ました。

この海に、瑞鶴も浮かんでたんやなあ。こんな感じかなあ。

Img135

| | コメント (13)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »