« ミント | トップページ | 梅雨空あれこれ »

梅雨の晴れ間

Img145_2

「やっと、やっと明日は晴れるらしいで。」

土曜の夜、カウンターはさんで 「では、では、ちょっと走りにいきましょうか。」

でも、でも、不安定な気候のせいか微妙に疲れた一週間でした。

免停明け、ブランク明けを気遣って、露払い役をかって出てくれた真ちゃんも仕事疲れ。

じゃあ、じゃあ近場の温泉でもと決まったのは、伊賀 さるびの温泉。

柳生、月ヶ瀬といったあたりは大阪東部の我等にはホームグランド。

200Kmちょいのゆっくりツーリングです。

乗れていないながらも、長雨の後の新緑香る山並みを走ります。「バイクはいいなあ」

前を走るモトグッチはほんとに楽しそう。

ついて行けなくても、見え隠れするイタリアンバイクは後ろ姿がセクシーです。

走っているバイクを長い時間見られるのは、後ろ姿という事を意識してデザインしてるのでしょう。

シートの後ろにロゴいれるのを始めたのもたぶんイタリアでしょう。

お昼時の空いてる温泉でゆっくり。湯がいいのか、ロケがいいのか体もすっきり。

帰路、広がる景色に心癒やされます。長雨で川の水はとうとうと流れ、棚田は田植えの準備で一面水が張られて輝いている。

「大和の稲よ、頼みます。」震災からこっち、こういう当たり前の景色に感謝の念を抱くようになったような気がします。

このブログでも何度か出てきた木津川 大河原の沈下橋。

渡ったとこにある小さな神社に道草。その名も「恋志谷神社」。恋が叶うとか。

独身の真ちゃんはともかく、よこしまな願いを神にお願いしていいものか悩んでしまいます。

神社もさることながら、このあたりなんとも言えない落ち着いた集落。

苔むした巨木群の横の細い坂道。大きい民家をつなぐ路地。水路を流れるきれいな水。

燕舞う風景がこんなに似合うのは、こういうとこでしょう。

庭で手作業してる老人の笑顔は街では見られません。

人はというか、日本人は本来こんなとこに暮らすのが幸せなんだと思う。

これから僕らは、ほんとに大事なもん、必要なもんを見直さなあかんと思った。

明るいうちに帰宅、晩酌。「今日のところはこれくらいにしといたろ。」

P6050603 P6050610

免停になった時、カオリンがくれたお守り。無事カエル。

P6050612

|

« ミント | トップページ | 梅雨空あれこれ »

コメント

久々のツーリング楽しまれたみたいですね。

僕は、先週後半から久々に風邪で寝込んでいました。

また、ゆっくりのんびり一緒に走りましょう。

投稿: Ebi | 2011年6月 7日 (火) 20時49分

現場復帰おめでとうございます。
乗る乗らんじゃなく、乗れないのはつらいよね!
ここから1年、バックミラーとアクセルが連動するよ。
公道43kmオーバーで3年前に捕まった先輩より…
あと1カ月位が危ない。
近々走りに行きましょう!

投稿: みかく | 2011年6月 7日 (火) 21時51分

よこしまな願い→神に代わって却下します(笑)

復帰第一戦、おめでとうございます。


投稿: Kawasaki | 2011年6月 8日 (水) 08時26分

Ebi様 風邪でしたか。
ご来店ないなあと思っていました。
先週は皆様、体調悪かったみたいですよ。
晴れ間見つけて行きましょう。

みかく様 ありがとうございます。
そうなんです。後ろの車は全部覆面に見えるし、道ばたにいる人は全部ねずみ捕りに見えます。
お互い気をつけましょう。

Kawasaki様 やっぱりあかん?
八百万の神の中には、ちっとは話わかる神もいてると思うねんけど。
あかんかなあ。

投稿: マスター | 2011年6月 8日 (水) 17時26分

おカエリなさい。

復帰おめでとうございます。よかった×2。
またご一緒させて下さいねー

投稿: キャサリン | 2011年6月10日 (金) 06時11分

キャサリン様 ありがとうございます。
行きましょうx2。
CB450も見たいし。

カエルのお守りは、捕まった時の事を忘れないように、常にタンクにひっついています。

投稿: マスター | 2011年6月10日 (金) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミント | トップページ | 梅雨空あれこれ »