« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

トチノキ食堂

Img016 久しぶりのバイクネタです。

梅雨の明けきらない連休、うっとうしい大阪を脱出して、前から行ってみたかった和佐又山にキャンプツーリングに出かけた。


Ebiちゃんと待ち合わせのスーパーで、買い物して出てきたら、いわゆる旧車会のバイクに囲まれてる。
若いのから子ずれまでさまざま、警察も来てなんやかんや説教してたけどそれだけ。
まあ旧車ちゅう事に関したら僕のもそこそこ旧車ですが。

バイクではもちろん、カヌーに行くのに通いなれたR169のワインディングを快調に駆け上がって行く。
空気が街から山へ変わっていくのがきもちいい。これこそライダーの特権でしょうか。

国道からかなりの急な道を登りきったところにある和佐又山キャンプ場。
ここはキャンプ場というより、大普賢岳や熊野トレイルのベースキャンプ地、山屋の世界です。
受付の小屋も「和佐又ヒュッテ」 「トチノキ食堂」の看板です。
ほんとにレトロ。なんか懐かしい感じ。

ここで大普賢岳で沢登をしてたかまやんとこっしーが合流。
テントサイトはほんとにきれい。真ん中の大きなトチノキに癒されます。
まるでジブリのアニメを地でいったような景色。

ヒグラシの涼しげな声を聞きながら、コッシーから山の話をいっぱい聞きました。
彼は熊野の生まれ、深い話しにワインも進みます。

今回残念なのは、上のオートサイトで貸切の音楽イベントやってたこと。
アコースティックなフォークのライブならそれなりに楽しめたでしょうが、暗闇にミラーボール、単調なトランス系の音。ちょっとやばそうな集まりです。

ヒュッテのおばさんが何度もあやまってました。「また、静かな時に絶対来てください」
来るよ絶対。
かまやんがブログに書いてました。この上の峰々は本来修験者の行場、言わば神域です。
そこを荒らすやつらはほんと罰あたるでしょう。

Ebiちゃんと秋に必ずリベンジに来ようと約束して岐路についた。
大阪からわずか100キロ、2時間ちょい、ビーパル調べで近畿で一番のサイト、いや山屋風にテン場。温泉も遠いし買い物も遠い。通かベテラン、静かな山屋しか行きません。

次回は早めに行って、山も楽しもう。

帰宅してニュース見てたら、那智の滝を登ってたクライマーが3人逮捕されたとか。
まったくどこの国の奴やと思ったら、なんと日本人。しかもその世界では有名なクライマーらしい。
ここなどは神域どころか御神体そのもの。
なんか日本人の魂の背骨が溶けていってるような気がします。

P7150683 P7150688 P7150693 P7150695

トチノキで垂直なんとかの練習をするコッシー。
それにしてもワンカップが似合いすぎ。

| | コメント (5)

シューマッハー

Img014_4 正しいと言うか、うっとうしいと言うか、しっかり梅雨が続いております。
歯が痛くて、歯医者に行ったら、たて続けに3本痛くなって通いずめ。
足の親指が巻き爪で気分よく歩けずで、しゅっとせーへん日々でございました。

この日曜日は、常連のSさんの希望で、神戸でオーダーメードブーツを作っておられるロッコさんの工房にお邪魔することになりました。

嫁も連れて3人、電車に乗って遠足気分。
お昼は元町で、これまた別の常連さん一押しの「丸玉食堂」で「ろーめん」なるものをいただきました。
噂どうり美味しかった。食べた瞬間「めっちゃうまい」じゃなく「まあまあやなあ」ちゅう感じです。でも帰りぎわにまた来ようと余韻で思う。こういうのがくせになるんです。

そっからちょっと迷いながら、地下鉄海岸線に乗ります。
神戸はバイクで来るのも、御影とまり、電車で来るときは六甲登山。
街中歩くのは10数年ぶり。まったくのアウェイ感にプチ旅行気分。

和田岬のロッコさんの工房はお仲間3人共同でやってはります。
いずれも靴職人。それぞれちがったジャンルです。
若き職人達のアジトっていう感じ。なんか落ち着きます。
人様の職場で落ち着くって、けっこう迷惑は話ですが、ほんとにいいかんじ。
僕らの職場は厨房。これはどこ行っても落ち着くはないですねえ。
「ばたばた」してるからやろか。

Sさんと嫁が足の採寸してもらってる間にスケッチ。
異様に存在感のあるミシン。ロッコさんの仲間がいろいろ説明してくれました。
八方ミシンなる靴の修理につかう古いもんだそうです。
しかも国産「SEIKO」の文字が光ります。

それから3人で足の事や靴の事、いっぱいお勉強しました。
うちの嫁の言う「最近何はいてもすぐ痛くなる」。
これは巻き爪や靴擦れ、タコ等合ってない靴もあるけど足の筋肉の衰えが原因だそうです。
床に置いたタオルを足の指でつかむトレーニングしたらいいそうです。

いろいろ話聞いた後、以前に採寸してもらった僕と嫁はちょっと保留ですが、Sさんはソールや紐などの細かいとこまで話進んでます。いいなあ僕も(仕事とトレーニング)ブーツ発注できるようにがんばろー!

遅くならんうちに電車乗って東梅田のヤマト(キリンビアーケラー)で打ち上げ。
「歳とるとなにやるにも鍛えなあかんみたいやねー」 「ほんまやねー」
「お疲れー かんぱーい、 楽しかったなー」

梅雨も終盤、がんばってる若者に元気もらったいい日でした。

P7080669 P7080671

話ぜんぜん変わるけど、こんなん使えるようになりました。
持ってないので、設置した後も使ってみて「おおー すごい!」って事もなく。
ソフトバンクのお客様「おおー!」言うてください。

P7090681 P7090682

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »