« 国鳥 | トップページ | メードインジャパン »

ドントダム

Img168

梅雨の中休みの日曜日、真ちゃんにツーリングに誘われて久しぶりに走ってきた。
中国道佐用から北上して、生野銀山湖あたりのワインディングを楽しむルートです。

中休みとは言え、梅雨です。小雨が降ったりやんだり。そのおかげか、新緑香る空いた道を気分よくひた走れました。

隊長はおたべやのマスター、BMW R1150GS 走る走る、ついていけません。
まあ他のメンバーもついていってませんが。

僕一人なら、やれお茶だスケッチだ、お弁当だとかだらだらなんで、たまにはこんなんもいいもんです。

で、帰りに僕がシュロス神戸に車検に持って行きたいと告げると、地元のおたべやのマスターは「じゃあ ドントダムからトンネル抜けて行きましょうか」と言う。
ふつうの会話に「ドントダムで- - -」ってでてくる。

僕はこの日本語離れした音に「どんな字ですか?」と聞いたら「どやったっけ」と気にもしてない。
僕は走りながらヘルメットの中で「DO NOTダムかなあ、明治期にオランダから来た治水の権威ヨハン ファンデンボルグ フォン ドント博士なんかが設計したんかなあ」
ほんで博士の住んでた館がカフェなんぞになってたりして。
まあ神戸には良くある話しで、などといろいろ考えていた。

そして看板があった。「呑吐ダム?」 「はあー! のむはく」って。
およそ神戸らしくないベタな名前。展望台ではバイク談義花盛りなんで口にせず、解散後シュロス神戸で聞いてみた。
ここの社長は生粋の神戸っ子「ああドントダム、なんもないとこですよ。ちょい走りにバイクや車見せに行くとこでトイレもないし、展望も悪いし........」などと言ってる。

「そんな事はいいんです。名前ですよ名前、私たちの神戸とかなんとかで習ってませんか?」と詰め寄ったら顔は「???」って感じです。
で、すぐ検索してくれたら「わっ!ほんまや、のむはくや」おどろいてます。

由来は、昔加古川水系の二つの川を飲み込んで、はきだすような滝があって、「呑吐の滝」と呼ばれていたそうです。
そこにできたダムで「呑吐ダム」と名ずけられたようです。

そりゃあ神戸と言えど、明治までは一寒村。横文字、洋風建築などは無縁でしょう。
自分の単純な思考回路もちょっと修正しましょう。

皆様の地元にもおもしろい名前や由来の地名、建造物ありましたら教えて下さいませ。
ふだん気にしてない中に以外と発見があるかも。

後は頭に浮かんだ蝶ネクタイ、カイザー髭のヨハン ファンゲンボルグ フォン ドント博士(もちろんそんな人 いません)の顔を消すのに数日かかりそうです。

そうそう話しはずれました。ツーリングご一緒した皆様 ありがとうございました。
また誘ってくださいませ。

R0011510_2

いつもバイクは飛行機にたとえて見るんですが、こればっかりは重戦車。ドイツ機甲師団

R0011516 R0011511 今回はまかせっきり。ありがとうございました。

|

« 国鳥 | トップページ | メードインジャパン »

コメント

今回は僕も全部お任せで地図も持たずに参加、気楽について行っただけで呑吐ダムもモチロン知りませんでした!

次回は東方面へ行く予定ですので良かったらご参加くださいませ。

投稿: 真 | 2013年6月26日 (水) 00時25分

真ちゃん お疲れ様でした。
楽しかったです。東方もぜひ参加したいです。
呑吐ダムですが、よう考えたら六甲山系よりだいぶ北で要は神戸じゃないんでしょう。
だから神戸の人はあんまり知らんのかも。
水はどっちに流れてるんでしょうか。
調べてみます。

投稿: マスター | 2013年6月26日 (水) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国鳥 | トップページ | メードインジャパン »