« 夏カヌー | トップページ | 台風 »

夏カヌー 2

Img173 疲れの残る初日の夜は、焚き火の酒盛りも早めに切り上げたので、朝は早起き。

今日一日、楽しくすごすため、タープを張りなおしたり、ごみかたずけたり、涼しいうちにはたらいときます。

起きてきたともちゃんに「今日一日、なにをしてもいいし、なにもしなくてもいいよ。」と告げると、満面の笑みです。
やはりただもんではないようです。

日が昇れば、さっそく川に飛び込み、後は泳いだり飲んだり昼ねしたり。

川の流れ、風の流れと同じ速度でゆったり時間が流れます。

いつもは一泊のU君。 ゆっくり読書するのが夢と言って読書にふけようとするのですが、風でタープやテントがすぐ飛んで、どうもゆっくり出来てないみたい。

それを川に漬かって飲みながら見てみんなで爆笑。楽しい一日がゆるゆるすぎる。

昼寝の後、スケッチ(前回の)してると、のぞいたともちゃんが、「あ 私?この絵下さい」言われたので「いいよ、額装しとくよ」。
するとタッキーが「これは僕の船やから、僕がもらう」ともめます。
わかった、もう一枚かきますよ。で、描いたんがこれ。
2枚ともタッキーの船になっちゃいました。

今回、2日目からの参加が無く、補給もありません。
いつもよりも暑いので、氷など冷却にはだいぶ気を使ったのですが、2日目の夜あたりから、だいぶ怪しくなってきます。

かまやんはいつもながらきっちり冷えていて、ずっと生鮮つかった料理がでてくる。
僕は初日に勝負かけたので、後は適当です。
かまやんに「やっぱり、そのコールマンのクーラーボックスがええねんなあ」と言うと、「ちゃいますよ、マスター貴重な氷を初日からオンザロックで飲むからですよ」と返された。

「うっ! だって どうせ溶けるなら 美味しく、、、」そろそろ学習しましょう。

毎年、同じとこで同じ事してるのに、楽しい仲間のおかげで又新たな夏の思い出ができました。
みんな、ありがとうございました。また行きましょう。
帰りにいつものように川に向かって「また来るねー!」


Tki_001さすがこれは怖かった。
「よいこはまねしないように。まねしたいあほのこは、ライフジャケットもまねしてね」

Tki_002 この高さなら頭からいけます。50すぎのあほです。

Tki_003 Tki_004  Tki_007 


|

« 夏カヌー | トップページ | 台風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏カヌー | トップページ | 台風 »