« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 夏休み »

森の美術館と紫式部

Img170 暑い暑い日曜日、酔狂にもバイクで出かけてきた。

カオリンと一緒に目指したのは、信楽のミホミュージアム
ここは1年ほど前から一度行ってみたいと意見が一致してた美術館です。
ちょうど夏の特別展で「江戸絵画の奇跡」やってるので、行こう行こうとなった。

灼熱の大阪を抜けて、木津、和束から信楽に抜ける県道を走って行く。
茶畑に囲まれ、小川ながれる里、木立の中を走っているとなかなか涼しげです。
川で子供たちが水遊びしてる。いいなあ今度水着もってこよっと。

着いた美術館は山一つ敷地、近未来のような建物で圧巻です。
なんかちょっと微妙な違和感。もうちょっと年月重ねたら自然との一体感がでてくるかも。

展示は正統派の狩野派から、琳派、奇想派まで、いろいろ。
綺麗な館内で楽しめました。
このへん見てると、今世界で評価されてる日本のアニメはここが源流ではないかと思う。


そこから大戸川沿いの快走路を走って瀬田にでて、石山でやっとお昼です。
で、ついでに石山寺を参詣しようという事になった。

以前、ここのガイドをボランティアでやってる中学高校時代の恩師にガイドしてもらった事がある。

要約すれば、ここは平安期、宮中の女官たちが、石山詣でと称して息抜きというか色恋遊びをしにきたとこらしい。で紫式部がここで源氏物語を書いたとか。

恩師の受け売りで、カオリンもちょっと楽しめたようです。 「先生ありがとうございます」。

苔むした境内、まっさかりの木々の緑にヒグラシの声。
汗かきながら歩いていても、涼しげで落ちついた気にあふれています。
さすがです。 さきほどの美術館と比べるのは酷ですね。スケッチは木立の中の多宝塔。

ゆっくり参詣した後、宇治川ラインを走って暑い大阪に帰ってきました。
距離も短く、暑かったですが、頭の中はクールでアカデミックな充実した一日。 
カオリンありがとうございました。

 めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に
      
          雲がくれにし 夜半の月かな      

                  紫式部

R0011530  R0011531 ミホミュージアム

R0011532_2  R0011536 R0011539  R0011542 R0011548
石山寺

そうそう、ブリュッケのお盆休みは 8/16(金) 17(土) 18(日)です。
よろしく。

|

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 夏休み »

コメント

なかなか行く機会の無かったミホミュージアム。毎度毎度テーマがマニアックで、行くにも行けないとこでした。
今回は分かりやすい内容で、良かったです。
ただ常設展は興味持てそうにはありません。

石山寺、紅葉も見てみたいです。

投稿: カオリン | 2013年8月 7日 (水) 21時47分

途中で送信しました。

楽しかったです。
お誘い、ありがとうございました(・∀・)

投稿: カオリン | 2013年8月 7日 (水) 21時54分

カオリン様 ありがとうございます。
楽しかったですね。距離も時間もちょうどいい感じで。

又いい展示があれば行きましょう。

紅葉の石山寺は混雑するので、朝一開門で入って、その後琵琶湖周辺ツーリングにしましょうか。

投稿: マスター | 2013年8月 8日 (木) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 夏休み »