« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

淀川マラソン

なんだかここんとこ、急に秋が深まったような。
公私ともにバタバタしてたら、もう10月も終わりです。

今年も後2ヶ月。どうしよう。 ってどうもできませんが。

ところで今度の11/3の日曜日、恒例の淀川マラソンです。
このマラソン、人気の大阪マラソンや神戸マラソンの抽選で落ちた方なんかにも人気だそうです。

昨年からスタートゴールが守口になりました。
ボランティアで運営に参加しておられる常連さんから「お店開けたら」と言われ、昨年やったところ、それなりにお客様来られました。

という事で「運営手伝って」とか「マスターも走りましょう」などの声は聞かなかった事にして、商売に走ります。

お昼12時頃から営業です。
近くに銭湯(日吉湯 当日はここも12時から)もあります。
先に銭湯に行かれる方、お荷物等もお預かりします。

マラソン、お風呂の後の生ビール 見てるだけで美味しそうです。

ランナーの方、応援の方、ブリュッケの昼ビール 楽しんでくださいませ。

閉める時間は決めてません。遅くなる方は連絡してください。
出来るだけお待ちします。

06-6997-3165

| | コメント (0)

RS 復活への道

R0011597 おおげさなタイトルをつけてしまった。
自分のバイクをでかでかとUPするのもちょっと気恥ずかしい。

こけてからちょうど1週間で、落札したカウルが届いた。
落ち込んだり、悩んだりする暇もなく、復活に向けて背中を押された。

でも、巨大なカウル一人では無理。ショップに運ぶにも車で運んでもらわなあかん。
という事で、近所(同じマンション)のバイク好きのおっちゃんに応援を頼んだ。
心よく受けてくださったI氏は、ユアサバッテリーを定年された電気系のプロ。
僕のと同じ年式、1987年式のヤマハFZR1000をいつも整備して大事にされてるメカ好きです。

土曜日の昼から、とりあえず今日は取りはずすとこまででいいかと作業をはじめた。
さすがのIさんはいちいち「ほー なるほど さすがドイツ製」と感心しきり。

とんとん拍子で作業は進み、2時間くらいで新しいカウルを取り付けるとこまでいった。
と、ここでどうしてもカウルが納まらない。
もう一度メーター類、ウインカー等はずして、カウル取ってみた。

すると支えるステーがかなり歪んでる。付ける前に気づかなかったのはやはりシロート。
この頑丈なステーはずすのにヘッドライトも取り外します。

この曲がったステーを見て二人で途方にくれた。どうしようか?
そして思いついたのが、鉄工所をやってる友人。
さっそく電話して事情を告げると、「明日の日曜は休みやしおいでおいで」と言ってくれました。

Iさんに「明日車お願いできますか?町工場の鉄鋼所行きましょう」と言うとなんだかうれしそうにここも心よく引き受けてくれました。

で、翌日行ったのがここ

R0011584  R0011583 門真の尾谷製作所
メードインジャパンの根底を支える、技術と信頼の町工場です。
頑丈と思ってたステーを見て社長は「こんな細いの折れてまうで」と言いながら、曲げたりたたいたり。
僕はもう見てるだけ。1時間半くらいで持っていったカウルのネジ穴にぴったりになった。

帰って取り付けです。一度やった作業なんでスイスイ。
とうぜんぴったり付きました。 いやー超うれしい。
転倒から2週間たたないうちに復活です。その上安上がりで(ちなみにカウルの落札は4万円です)元どうりになりました。

お会いした事も無い出品者様、Iさん、尾谷社長、いろいろ助言してくれたRS仲間、心配してくれたバイク仲間、みなさん本当にありがとうございました。


自分がカーク船長とは言いませんが、まわりにミスタースポックやドクターマッコイ、チャーリー、加藤、チェコフいろんな特技の人達に助けられて生きているのを実感しました。


14日の祝日はスラクストンのK君と復活記念プチツーリング。
彼は図らずも転倒と復活にお付き合い。

定番の青山高原ですが、トンネルの度に恐怖心で腰引けます。
こちらは当分かかりそうです。

いつもお店の備品の修理なんかも見てるK君が

「いつもながらブリュッケ整備班の技術はすごいですね」と言ってくれた。

R0011596  R0011598  R0011595  R0011594

前よりかなり綺麗になったけど、正面からよーく見るとちょっと歪んでるような。
気にせんとこ。

| | コメント (4)

スラクストン

Img174 もう10日ほど前になります。
9/22、23の連休、キャンプツーリングに行ってきた。

トライアンフ スラクストンのK君と、ちょっとバス釣りもかねてという事で、定番の下北山。
このバイク、今年の初夏から試乗と納車に付き合ったご縁のある新車です。

僕等より年上の方々が、不景気を嘆くばっかりの今日。
30台前半の若者が、こんなバイクをディーラーで新車で買うのはかっこよかった。
いっちょかみしててもいい気分やった。

スラクストン THRAXTON と書くらしい。地名が人名か知らんけど、なんか綴りが英国っぽい。
タイヤの空気圧の指定がバールらしい。以前の天気予報のミリバールのバールかな?
このちょっとした異国の香りはなんかくすぐりますね。

昼に着いて、設営してちょっと先の七色ダムにバス釣りにでかけた。

その帰りTシャツいっちょうで、バイク交換して走ってきた。
僕があんまり気分よくて「ええなあ、これ。夏はネイキッドがええわ、やっぱバイクは風やでー」 みたいな事をほざいてたみたい。
この一言が翌日の悲劇を呼んだ。

温泉入って、ビール、ワイン、自前のプチイタリアン。
焚き火、ウイスキー。珍しく 他のキャンパーに怒られる事も無く翌日を迎え帰路についた。

大台ケ原付近の、古くて暗いトンネル。対向車線にチャリンコの影が。
それをよけようとした車が一瞬、こちらにふった。
その瞬間、たぶん無意識にブレーキかけたんでしよう。
50キロくらいのスピードで転倒した。そこはマンホールに泥水がかぶってたようです。

通りすがりのライダー達が、後続車を止めに行ってくれたり、トンネルの外まで押してくれたり。
気が動転しててお礼もろくに言えませんでした。 その時の皆様、ほんとありがとうございました。

落ち着いて見て見るとカウルは大破、エンジンガードがまがってる以外はなんもないみたい。
体もほとんど、どうもない。ギアをニュートラルに入れキーをオンにすると全部点く。
おそるおそるセルまわすと、ブルルンとエンジンかかった。
最後まで付き合ってくれた方が「さすがビーエムや」言うてくれます。
K君は目の当たりに見て、救急車、レッカーは間違いないと思ったそうです。

走ってみてもふつうに動きます。結局高速ものって100キロ近い道のりを帰ってきました。

バイクの聞こえるとこで、売る話しや、あっちがええなあとかは言ってはいけません。
ネイキッドがええなんか言うたから「ああーそう。ほんなら脱がしてくれたらええやんか」って感じかな。

バイクや車乗ってるみなさま。路面と口には気をつけましょう。

P9220002 カフェレーサーでどうやってキャンプ道具積むのか、思ってたら。
リュックにロッド 自称「通信兵」

P9220005 後ろの英国風コテージがお似合い。
次回はボンネのkazuさんよんで、ローストビーフやロイヤルティーでイングランドキャンプしよう。
などとこの時は気持ちようしてました。

P9230020 いろんなばちがあたって、こうなりました。

ps

希望どうり? ビキニにするか脱がすか(なんかニュアンスかわってしまった)で悩んでヤフオク見てたら、なんと同じ色のフルカウルが安くでてるではないか
さっそくぽちって、実は一昨日来ました。
いままでよりかなり綺麗。

脱がすのはやめて、元どうりにする所存でございます。

事故の日の夜、お見舞いと称してご来店くださったお客様

ありがとうございました。



| | コメント (4)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »