« 秋深し | トップページ | クリスマス »

晩秋の水都

Img176
年々月日の経つのが早くなる。
特に秋から年末にかけてはほとんどついて行けないほど早い。

12月に入った日曜日、紅葉も見納めに昼から京阪に乗ってスケッチブック持って、中之島にお散歩に行った。
天気もよく天満橋からぶらぶら。

どっかでスケッチしようとウロウロして、結局お気に入りの水晶橋からの公会堂を描きだした。

欄干によりかかって、描きだしてすぐ後ろがざわざわ。
見ると、ウエディングドレスとタキシード姿のカップルと、4~5人のカメラマンとスタッフ達が撮影を始めてます。

「ふーん結婚式かー、目出度いねー」と思ってたら、カメラマンがこっちをじろじろ。
僕は気をきかして「邪魔ですか?」と聞くとあっさり「はい!」と言われた。

ちょっと「むっ!」としたが、あわててどこうとしてペンを川に落としてしまった。
「ほんまにもー」 さすがに見かねた黒スーツのリーダーらしき女性が「すいません」と言ったので、気にせず描きだした。

すぐ終わると思ってたら、「はーい そこでキスしてー」とか「かわいいですよー! じゃあちょっと拗ねたポーズでー」とか延々やりだした。
R0011628

聞いてるこっちが恥ずかしくなった。僕の背中は多分嫌悪感でいっぱいやったと思う。
もちろんそんな事、気付いてくれるはずもなく撮影は続く。

他の歩行者も気使って、渡るのを止めて待ってます。
そこには祝福の顔は有りません。

「あのねー ええねんけどなー、自分らの記念かなんか知らんけど、天下の往来を止めて、周りの人々に迷惑かけたっちゅう事をいつか気付いてね」と心でさけんで「通りますっ!」と言ってその場を離れた。

「そうや、公会堂の南側に大きい銀杏があるはず」と思って廻って行くと、そのあたりはなんとデモ隊に占領されてる。

銀杏の方に行くと、デモ隊のすぐ前で、イーゼル立てて油絵描いてる女の子がいてる。
道具立てから見て、描いてる後にデモが来たんでしょう。
デモ隊は拡声器でなんかがなってる。

すぐ撤収出来ないからなのか意地か、必死の形相で筆が走ってる。
見てみたいけど、そのオーラで近づくのも憚れます。案外面白い絵になるかも。

他にも犬の散歩や、小さい子供を遊ばしてる家族連れなどが沢山いてはります。

「あのねー ええねんけどなー、自分らの主義主張のためかなんか知らんけど、市民の休日の安息をぶち破ってる事も解ってねー」

都心の公園で安らぐのは所詮無理なんかも。

なんかザラついた気持ちで、さっきのとこに戻ると、やっと撮影終わったみたいでデモ隊のいる方へウエディングドレス引きずって向かって行った。
さっきの姉ちゃんデモ隊にも「邪魔です」言うてね。

ちょっと意地悪な気持ちで絵の続きを描いた。

描き終えて、御堂筋へ行くと市役所の横でスケッチしてる小さいオッチャンがいる。
声をかけると、スケッチブックいっぱいの中之島や奈良や京都の絵を見せてくれた。

影が長く伸びる、晩秋の午後、絵の技法の話や公会堂の細かい話で盛り上がってしまった。
楽しかった。オッチャン有難う。オッチャンいなかったらザラついた気持ちの休日で終わるとこやった。

「またどっかでお会いしましょう」と言って別れた。

オッチャンはなにも動ぜず、全部ひっくるめた中之島を楽しんではる。
僕はまだまだ未熟や。

もっと勉強しましょう。

R0011631小っちゃいオッチャン。「あんたこそがー正直者さー」




|

« 秋深し | トップページ | クリスマス »

コメント

お久しぶりです。なんだかんだの1年で(何やねん!)お店にも行けずに申し訳ないです。
 さて、ここ何年か そのテの写真のプリント依頼よ~く来ます。一言で、とりあえず キレイですねぇ~良く撮れております。 とにかくデジカメは撮り直しが利くので、新郎、新婦さんが納得行く画像が撮れるまで、シャッターを押し続けるのとちゃいますか?最新デジイチで貴方も明日からカメラマン・・・(笑)僕は仕事はさておき チェコ等、旧東系のヨーロッパへ3ヶ月くらい行ッてみたいですわ。マスターがドイツの街並みが日本と比べて違うのは建物、建造物に凸凹があるんや~って何年か前に言うてた言葉が忘れられません。

投稿: Tomo-Z | 2013年12月 7日 (土) 15時31分

おおー Tomo-Z様 お久しぶりです。
そっかー やっぱり多いんですね、この手の写真。
カメラマン気取り、モデル気取り。
めんどくさい事です。
いいですねえ、チェコやルーマニア等よさそうですね。
むこうの建物は凹凸もやけど、影ですね、感じいいのは。
又、遊びに来てくださいね。

投稿: マスター | 2013年12月 7日 (土) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋深し | トップページ | クリスマス »