« 雪景色 | トップページ | 大津にて »

百舌鳥

Img179_2 

 またまたひと月近くさぼってしまった。
ひと月たつのになんなんこの寒さ。 もうたいがいにしてほしい。

まあ気をとりなおして、ほんのちょっぴり楽しい気になった話でも。

うちの店は国道1号線に面してて前は1日じゅう車だらけですが、ちょっと裏に行って阪神高速をくぐるとわりと静かな住宅街がある。

その中にある公園、桜の老木や銀杏並木があったり、堤防の横なんで街中にしては空も広く、季節感のある場所で気晴らしによく通ります。

先日、その木立で、シジュウカラやメジロ等のさえずりが聞こえたので足を止めて探した。
でも何もいない。よく探すと人の背丈ほどのとこでモズが鳴いてる。

この鳥漢字でかくと百舌鳥。どれが”も”でどれが”ず”やねんと突っ込みたくなる。
でも字のごとく、いろんな鳥の鳴き真似ができる。
日本の野鳥でこんだけ芸達者はこの子だけでしょうか。

長い尾ゆっくり上下して楽しそうに鳴いてる。どう見ても絶対遊んでる。

僕はこの鳥が子供の時から大好きで、見かけると嬉しくなる。
最初は大阪府の鳥というので興味持ったんですが、見てるとほんと楽しい鳥です。

秋に森のてっぺんで ”きっききー”て鳴くのも元気もらえます。
そのくせ獲れた獲物を枝に刺して忘れる人間味あるやつ。

まあこれは諸説あって、冬に備えての保存食とか、縄張り表示とかほんまとこ百舌鳥に聞かんとわからんそうです。

地方によってはこれの高さで、その冬の積雪量がわかると言うから、案外鋭いのかも知れない。

バランスのとれたシルエット、日本画向きな雅な色、面白い習性。
わりとどこにでもいるので、見かけたらちょっと観察してみて。
楽しい気分になるのは、僕だけかな?

因みに東京都の鳥はアホウドリ、京都府はオオミズナギドリ。
どちらも離島の天然記念物。 ちょっとずるい。大阪は島は中之島しか無いか。

R0011675 R0011674 R0011676
もうすぐ若葉が芽生える。はよあったかなれへんかなあ。


  

|

« 雪景色 | トップページ | 大津にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪景色 | トップページ | 大津にて »