« 百舌鳥 | トップページ | 柳生 »

大津にて

Img180_2

やっとやっと暖かくなった日曜日、プチツーリングに出かけた。

その前の日曜日は新しくバイクの購入を検討されてるお客様の付き合いで、いろんな現行モデルに試乗した。

どれもほんとよくできてる。いいなあ、安定感あるなあ、ブレーキもきくし。
オイルの焦げる新車の香りに当てられた一日でした。

これではいかん。また自分のバイクがすねる。
で、やっと走ってきた。ガッシャンコ、ガッシャンコまあのんびり行きましょう。

お弁当、スケッチブック、お茶 いつものセットで大津に向かった。

大津港あたりでお弁当食べようと思ったら、どこの駐車場も2輪お断り。
なんでやねん。 仕方なく歩道に止めて小さいヨットハーバーでお昼です。

のんびり鴨等眺めてたら、横にちょっとやんちゃっぽい若もんが琵琶湖見つめて佇んでる。
バイクを見ると、僕の横に250が止まってる。
ピカピカのカワサキ ニンジャ250。

僕「ツーリング?」 「はい」
 「お茶飲む?」 「ありがとうございます」 それから話はずんだ。
買ったばっかりで一生懸命語ってくれる。

「俺もにいちゃんくらいの時、250買って九州や北海道行ったよ」というと、目を輝かして聞いてる。
僕もこんな目してたんやろうか。あのわくわく感はもう味わえないのか。
彼が「写真とっていいですか?」聞くので「どうぞ」と言うと自分のバイクを並べて写メ撮りだした。

いいやつやねえー。 若きライダーに夢多かれと願う。

それから山手に向かって三井寺の駐車場。
どこ止めようかと思ってたら、おっちゃんが「その端に止めて、バイクはお金いいよ」と言ってくれた。 いい寺やねえ。

バイク降りて、拝観料いる山門には行かず、町の方に降りていくとさっきのオッチャンが目が点になってる。

「ごめんね」 今日の目的はここ。スケッチの水門。
琵琶湖疎水の取水口。京都側は有名ですが、こちら側はちょっとマイナーです。
テレビで見て来てみたかった。

周りの町は普通ですが、石積みの運河はそこだけヨーロッパの絵画の風景みたい。
勉強不足でわかりませんが、多分外人の設計か、むこうのをモデルに作ったと思う。

 
昔の人の苦労と努力が伺える作り。かっこいい。
そこに京阪電車がガタゴト。 絵になりすぎ。
土手は桜並木。 もうすぐもっと絵になるやろうな。

また来てみたい。人多いかな。


R0011684 R0011683 R0011693 

 








 
 

|

« 百舌鳥 | トップページ | 柳生 »

コメント

若いってイイですね。
僕も若手のつもりでしたが、そろそろええ年ですわ。会社でも、プライベートでも。

初心忘るべからず。
愛車VWが家庭の事情で継続車検を受けることが出来ず、今週いっぱいで車検切れとなります。ほんで、これからはファーストバイクのGB250を普段の足に使う事になりました。若い時の気持ちでお付き合いさせていただきます。
何か思い出すかな~??

投稿: 芳 | 2014年3月18日 (火) 22時48分

芳様 ありがとうございます。
いえいえ芳さんはまだまだお若いですよ。

男なら一人旅に行こう、と言いたいとこやけど、ご家族の手前そうもいきませんね。

バイクに乗り続けてる事は、何かを持ち続けてる事やろうね。

ビートル残念ですね。まあ芳さん足いっぱいあるし、しょうがないかも。

投稿: マスター | 2014年3月19日 (水) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/214920/55422399

この記事へのトラックバック一覧です: 大津にて:

« 百舌鳥 | トップページ | 柳生 »