« 栃の木の下で | トップページ | 當麻寺 »

甥っ子

R0011837

一年ちょっと前からやったか、甥っ子が店から自転車距離で一人暮らしを始めた。
で、ちょこちょこ「おっちゃーん!ランチ残ってるー?」とやって来る。

平成元年生まれ。なんとと言うか、当然と言うか25才。大きくなったとはいえ若い。
彼はゆとり教育一期生。常連さんから「円周率は3か?」とつっこまれて、「俺らまでは3.14やった」と返した。
「ほんなら良かったなあ」と納得された。

彼らが社会にでるようになって.よく「ゆとり世代は......」と何かと批判されてる。
彼らは悪く無いのに、ちょっと気の毒な気もする。

そんな彼が春頃
「おっちゃん。俺バイク乗りたい、ニンジャほしい」と突然言ってきた。
ははーん。
「おまえ、俺のブログ見てそない思ったんやろー」彼は「へへー」

若者のバイク離れ、車離れが叫ばれる中、バイク乗りの常連さん達はみんな一様に喜んでくれた。
昨年大型二輪とった方は「これ持ってったら割引あるで」とか「このブーツ2.、3回はいただけやけど合ったらあげる」ってブーツもらったり、若さの特権でかなり得したみたい。

「最初に乗ったんはこんなんやった」とか「初めてのツーリングはどんなんやった」とかけっこう話題も盛り上がった。

そんなこんなで彼はやっと免許取って、中古のホンダCBR250を買って、この日曜初ツーリングに連れて行った。
まあ最初は恐々、全然ついて来ない。「大丈夫か?」と聞くと
「バス めっちゃ怖い 俺を殺そうとしてる。」とか言ってる。

信楽から瀬田に出て、宇治川ラインで帰る100キロチョイのルート。
昼からはちょっとは走れるようになって、なんとかツーリングらしくなった。

学生時代はパチンコばっかりやってた彼。初めて自分からやりたいと思う趣味を見つけたみたい。
「しんどかったけど、楽しかった」笑顔の甥っ子にひとまずほっとした。

これからいろんなとこへ行き、またバイクを通していろんな人と出会い、いろんな経験が彼の血となり肉となって行ったらいいなあとしみじみ思った。

R0011831  R0011833

ぜんぜん話変わりますが
11/2の日曜日 淀川マラソンがあるので、お昼から営業いたします。
近所の銭湯に行かれる方、お荷物お預かりいたします。

マラソン、お風呂、生ビール 最高でしょう。
マラソン関係ない方もおまちしております。

|

« 栃の木の下で | トップページ | 當麻寺 »

コメント

最近の10~20代の若者にはクオータークラス、特にCBR250、ニンジャ250は、ほんま人気ありますよね~ CB1300に乗る息子でさえニンジャ250に乗り換えましたもん。僕とは違うんよな~~(笑)

投稿: Tomo-Z | 2014年10月20日 (月) 19時27分

Tomo-Z様 ありがとうございます。
CB1300ですか。それはすごい。
ニンジャ250に乗り換えたんわかるような気もします。
僕も含め、最近周りは軍縮傾向です。
乗らせてもらったCBRめちゃめちゃ楽しかったですよ。

投稿: マスター | 2014年10月21日 (火) 18時02分

「バス めっちゃ怖い 俺を殺そうとしてる。」
可愛いやらなんやらでめっちゃツボに入ってしまって大笑い♪
分かるわ~その気持ち。笑
いいですね、甥っ子さんとツーリング!
あったかくなったら今度はキャンプツーリングでしょうか?それともカヌー?
素晴らしい遊びの師匠が近くにいて甥っ子さんも嬉しいでしょうね(^^)

投稿: 真似っこRS嫁 | 2014年10月22日 (水) 10時33分

嫁様 ありがとうございます。
ところでこの甥っ子、必死で段取りかまして免許交付、即納車、その足で実家のおやじ(僕の兄貴ですね)にバイク見せに帰ったまではいいのですが、帰りに雀荘でテツマン。明け方に信号無視で捕まると言う快挙をしてくれました。
交付翌日免停リーチ。
警官にも呆れられたそうな。

レスポンスはいいけど、どうもベクトルがついて行けません。
僕なんか最初の納車の日はバイクの上で寝たいと思ったもんです。

キャンプツーリングしたいそうです。
来シーズンには連れて行けるかも。

ご一緒の機会がありましたら、よろしくご指導してやって下さいませ。

投稿: マスター | 2014年10月22日 (水) 17時03分

最近、特に今年は、バイク??夏アツいし、冬寒いやん、虫つくやん(笑) 頭はペッタンコ、しんどうても寝れない、もたれたら火傷するやん、どれだけ近所さんに気をつこても朝、晩のエンジン音で気は使うし(笑)、なにより装備が大変で、最後、北の大地に行って百恵ちゃんかな~~(笑)

投稿: TomoーZ | 2014年10月22日 (水) 19時08分

お互い、自営業でバイク乗る時間もあんまりないですよね。
又ご一緒できるの楽しみにしております。

投稿: マスター | 2014年10月23日 (木) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栃の木の下で | トップページ | 當麻寺 »