« ギャラリー | トップページ | クリスマスのおすすめ »

奥明日香

Img210

駆け足で過ぎ行く季節。
なかなか紅葉見に行く機会もなかったので、この日曜日、微妙な天気予報も気にせずバイクで出かけた。そのせいで出たのは10時すぎ。(充分気にしてます。)

混んでる奈良、京都をさけて向かったのは明日香。(最近こっちに統一したみたい「飛鳥」の方が好きやのに)
今回は最近ちょっと話題の奥明日香なるとこにはじめて行った。
石舞台等のメジャーどこから棚田の広がる田舎道を10分くらい。

集落の入り口に谷をわたる男綱なるものがぶらさがっている。
向こう側には女綱があるらしい。
これで集落を邪気から守っているらしい。 そのせいかほんとにのんびりしたいいとこです。

R0012744 R0012747 R0012749
ここまでは観光客もほとんど来ません。
細い川には魚影がたくさん。アマゴかな? バイク停めて、お茶飲んでスケッチしてたら雨が降ってきた。 「わー! まってくれー」 カーボンペンとは言え描いてすぐはにじんでまう。
ジャケットの中にしまって、止むの待ってちゃちゃと描いた。ちょっと雑い。

この脇の奥に、入谷という行き止まり集落があるらしい。ロードバイクで行くには険しそうな道なんでヤンピ。 こんど下調べしてから行こう。
そして、まっすぐ行くと「芋峠」 言うもっちゃりした名の峠があって、吉野に抜ける。
ここも時間なくてヤンピ。

この峠はその昔、最愛の夫である天武天皇を亡くした女帝、持統天皇が悲しみに暮れて生涯で30回以上もここを超えて吉野詣をした由緒ある峠道だそうです。

よし、次回は早よ出て、吉野まで行きましょう。

 春すぎて 夏来にけらし 白妙の
       衣ほすてふ 天の香具山    持統天皇 (小倉百人一首)

  「季節はちがうけど、なんと爽やか!」 かるたではいつも後ろ姿、これが気になる。

 

 よき人の よしとよく見て よしと言ひし
       吉野よく見よ よき人よく見つ  天武天皇 (万葉集)

  「なんかようわからんけど、 いい人のいいとこ見ていい事言え ちゅう事か?」

R0012750 R0012753


     

|

« ギャラリー | トップページ | クリスマスのおすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャラリー | トップページ | クリスマスのおすすめ »