ギャラリー

Img207

毎年の事ながら、この季節は飛ぶように過ぎて行く。
なすすべも無く、一日、一週間、ひと月が過ぎる。

そんな中、何とか少しでもゆったりした時間を過ごしたくて、案内をいただいたギャラリーにおじゃました。

以前にもこの場でUPした、自宅コミュニティーで絵の展示でお世話になってる方と友人の個展です。

今回は、京田辺市、松井山手にあるギャラリーてとて
大きいお宅ばかりの住宅街のご自宅をギャラリーにしてる素敵なとこです。

その上、やってはる人、代表?ママはへんやな、オーナー?、マダム?なんて言うんやろ。
が20代の上品で美人な方。

いぜん僕らと同じマンションにお住まいだったらしくて、子供のころから知ってる作家さんは下ネタから何から、好きな事言ってる。

お茶椀、調度品、音響全てセンスよく、とっても落ち着いたいい時を過ごせました。
ありがとうございました。

僕も歳とったら、いつまでも今みたいに朝から夜中までやってられへんようになるでしょう。

そうなったらこんなんできたらいいなあと思った。
もっとセンス、知識磨かなあかん。 がちゃがちゃや。

R0012737 R0012738 R0012739 また行こ。

ところでスケッチは話と全く関係ありません。
前々回かな? の時に描いたなんか絵になる農具小屋です。
こんな季節ももうだいぶ前や。

60才になったら個展をやろうと言う目標。ちょっとやる気増えたかも。
僕のやってくれるかなあ?

帰りぎわ「バイクできはったんですか?なに乗ってはるの?」て聞かれて
「SRです」と答えた。 興味あるんかなあ、お見送りに出てくれた。
キックスタートのバイク乗った事ある人ならわかると思う。

これめちゃめちゃ緊張するパターン。緊張度は美人度、好感度の2乗に比例する。
気合一発、よかった一発でかかった。
まああちらは何でもないお見送りでしょうが。



| | コメント (2)

秋 徒然

Img206

9月ももう終わりやのに、暑いわ雨ばっかりやわで梅雨みたい。
先日の連休もカヌーの予定が台風の車掛かりで中止。 ほんまにもう。

文句ばっかりでもしゃあないんで、日曜日、ちょっと早起きしてお弁当作ってソロで走ってきた。
一人で思った事を徒然にぼそぼそ。

この夏前にバイクにトップケースを付けた。
R0012604 R0012605 うーん 微妙通り越してブッチャイク。
スリム、シックな見てくれだけが取り柄のSRが台無し。 カブ400か。

カッパや!お茶や! 弁当、帰りに温泉行くかも。カメラ、タブレットも。
鍵付がほしい。 とこうなった。

若い頃、マジックテープの折れ財布を尻ポケットに、くちゃくちゃタバコとジッポを胸ポケットに。
それだけでどこまでも行ってたような気がする。 まあ歳相応に楽しみましょう。

ダム湖の周回路にある公園でお弁当。
R0012607 ハンバーグ、卵焼き、赤ウインナー。このチープなウインナー、普段はパッとせえへんけど弁当になると存在感大。
色からか、こんまい時分のノスタルジーか、なんか美味い。

頭上にツクツク法師が鳴いてる。もう最後やろな、いい彼女出会えるといいね。
前をいろんなバイクが通って行く。
峠小僧の生き残りがカーンッと飛んでった思ったら、アメリカンのおっちゃんが手を振ってくれてる。 「コンチワー」

彼岸花あざやかな加茂の集落を抜けて 「海住山寺」 (かいじゅうせんじ と読みます。)に向かった。
R0012609 R0012627 しかしこの子らは暑かろうが、寒かろうが台風だろうが、お彼岸になったらきっちり咲く。
梅や桜なんかあんなにずれるのに。 なんで?
昔この球根は飢饉の時の食料になったらしい。 ほんで先祖の霊とかなんとか言うて普段は取らないようにしてたとかなんとか、前に読んだ事ある。

で、海住山寺 このちょっと人を食ったような名の寺、とってもいいです。
細い道抜けて、めちゃめちゃ急な坂登ったとこにある。 こじんまりした境内。
木立の中の五重の塔はなんと国宝。

R0012613 R0012617 R0012623 R0012620 R0012622

本堂横の階段をちょっと上ると、いい気が満載の広場にでる。
木津川をはさんだ盆地が開ける展望もいい感じ。

反対側の木立からスケッチ。行き止まりで人も来ないし、石段に座って描きだしたらやぶ蚊の猛攻。

「アーッ!モー 」途中で断念。おかげでちょっとセンター狂った。

とかなんとかほざきながら、3時に帰宅、お昼寝。 やっぱり早起きせなあかんなあ。

ちなみこの寺、拝観料は100円、本殿は別に400円。 仏像見たい方は出費です。
後、大きいバイクで行くのは要注意。
とんでもない登りのカーブで対抗来て停車すると、支えるのが大変な上、坂道発進で往生します。

一人で出かけるといろんな事考えてるもんです。
若い時はなに考えてたんやろ。なんも考えてへんかったんかも。








| | コメント (0)

大ケヤキ

Img204


またまた1カ月さぼってしまった。
どうもこの季節、雨も多い上、毎年店の備品のトラブルがあるような気がする。

暑くなる頃なんで、エアコン、冷蔵庫のトラブルはわかる。
昨年は業務用冷蔵庫が壊れて大変やったし。

今年は暑さに関係無い、排水でトラブッた。
まあ店も古いのでしかたないけど、やっぱり疲れる。

でもそんな中、6月最後の日曜日、梅雨の合間にちょこっと走ってきた。

大阪から北上して日本海方面に行く道は何本もある。
どれもよく使うけど、それらを横につなぐ道はあんまり走ってないのが多い。

そんな一つにある能勢、野間の大ケヤキを見てきた。
テレビなんかでよく見たけど、実際見るのは初めて。
すごい! 樹齢1000年らしい。大きさは日本4位。

のどかな田園風景に堂々と鎮座する姿は神々しさ満開。
「癒される」なんて軽い言葉では恐れ多い感じ。

「 休 」 と言う字は 木の横に人やねんなあ。 実感です。

1000年言うたら、今年2016やから、えーと、いい国作ろうが鎌倉幕府やから、まだそのだいぶ前。 平安時代?
うーん 歴男の僕でもあやふやになってきます。
そんな頃からあるんか。

この夏、ブリュッケは開店25周年を迎えます。 
ケヤキから見たら、ほんの瞬きです。 大々的に言うのも恥ずかしくなってきた。

記念フェアーのご案内はまた次回。

| | コメント (0)

美味い酒

R0012390_2

ここ2,3年の間、年に数回チケットを貰って甲子園に行く。
学生の頃はちょくちょく行っていたけど、20年以上行って無かった。
この日曜日も頂いたチケットは内野の年間席、しかも一塁側。

まあ結果は、9回の裏、4点差を1点差まで追い上げ、あと一本でればさよならという盛り上がりでゲームセット。
両チームで30本近いヒットのどつきあい。終わってみれば8-7。
いわゆるルーズベルトゲームの負けでした。

ここに来て最近思う事は、みんな頑張ってるなあ。ちゅう事。
選手はもちろん。グランド整備の方々、まだあどけないビールの売り子の娘。
横で「こらー なにしとんねん 野球知らんのかー ぼけー!」言うてるおっちゃんも普段は家族のため一生懸命働いてんねやろなー。 5回で寝ちゃった。

こういう中やからビールが美味いのではなかろうか。
昔、よく遊んでた僕に負けず劣らず酒好きの友人が、焚火で乾杯の後「かっー!美味い
俺は美味い酒飲む為に生きてるかもしれん」と言った。
みんな最初は「おまえらしい」とか「大げさ」言うてたけど、だんだん「そうかも知れん」とか「それは深い意見や」になった。
今でも僕は時々そう思う。
R0012386 R0012387 R0012393 R0012389 あ 福留や

ところで、話全然ちゃうけど、もう一つ酒旨な事があった。

僕にとうとう 「ロイヤルプラチナ スペシャル ゴールド免許」の更新案内が来た!
思えば5年前、東日本大震災の後、初の一発免停になって以来苦節の日々。

走らんバイクに変えたとは言え、軽トラにぶっちぎられようとも、原付にあおられようとも、亀とでんでん虫に笑われようともひたすら我慢。
やっと人生初の「ロイヤルプラチナ----もうええか」を手にいれた。単純に嬉しい。
走り屋のIさんは「二輪免許にゴールドは無い」などと常々おっしゃる。「どうだ!」

聞いたところ、ゴールドには違反から誕生日まで5年と40日必要らしい。
僕はなんと5年と46日。 危なかった。
R0012395 「ジャジャーン!」





| | コメント (0)

双子の神

Img198

だいぶ前の事やけど、お客様のお勧めで読んだ本 阿刀田 高 著 「ギリシャ神話を知っていますか」 いうのがあった。

これが結構面白い。
いいのからとんでもないのまでいろんな神様がでてくる。
その中にプロメテウスとエピメテウスという双子の神様がでてくる。

プロメテウスは物事の始まりを司る神、エピメテウスは終わりを司る神。
もう気付いたと思います。 プロローグとエピローグはここから来たそうです。
ほんなら「**ローグ」はなんやねん。 は置いといて。 ちょっと気になった。

我々日本人の感性でいくと、人生の始まりと終わりは神の領域と言われたらなんとなくわかる。
物事すべてもそうだ、と言われると。 うーん そうかなあ、まええけど。言う感じ。

自分も50代半ばになって、最近プロメテウスが遊んでくれません。
なんか楽器を一つ出来るようになりたい。とか大人の字をしゅっと書けるように習字習いたいとか、美人の師匠に静かに茶の湯を習いたいとか、いろいろ思うけど、時間と日にちに追われて何もはじめられない。

かといってエピメテウスがいつもまとわりついてる。いうほどでもない。

おかげさまでこのブログは細々ながら10年近くやってる。
第1回目のネタ 奈良 浮見堂に行ってきた。
スケッチも200枚くらい描いてたら、ちょっとは上達したと思う。

これも、このブログを楽しみにして頂いてる方々のおかげでございます。
ありがとうございます。

梅がちらほら咲いていた。まだ寒かったけどなんか始めたいと思った奈良の春。

R0012254 R0012252  R0012255 R0012263 R0012259

東大寺界隈は外国人観光客でいっぱい。 おきにのこの辺はちょっとまし。
ビッグスクーターで来てた地元のお姉さま二人とお話がはずんだ。

僕 「昔に比べて観光客増えたんはわかるけど、鹿もふえてません?」
彼女たち 「絶対増えてる、怖いくらい 外人鹿せんべいやりすぎやわ」って言ってた。

そうかも。


| | コメント (0)

笠置

Img197

今年も早くも1カ月以上さぼってしまった。

店はひまなくせに休日はばたばた。
ちょっとゆっくり寝てたらすぐ夕方。 ずぼらなだけですが。

それでも先週やったか、やっとバイクでちょっと出かけてきた。
いつもの柳生から笠置のルート。

スケッチの笠置大橋で停めて、川をのぞいた。
先日の雨でけっこう水量がある。眼下の瀬がいい感じで流れてる。

笠置、ここは日本ファルトカヌー発祥の地。
関西のパドラーは「ここで初めてカヌーに乗った。」言う人が多い。
僕もそうで、当時、毎週のように通った気がする。

日本唯一のカヌー専門メーカー フジタカヌーもここ笠置にある。
そして、ここスタートしていきなりある通称「笠置の瀬」。
ここで初沈した人も多いはず。

最近は水量も減って、沈より底する心配の方が多い。
この日は以前のようにパワフルで出口が直角に曲がる恐怖がよみがえる感じ。
もちろんこんな寒い時期に舟出してる人はいませんが。上から瀬を見下ろして、「こう入って、あそこで右パドル入れて・・・」等、一人でニヤニヤしてた。

「はよ暖かくならへんかなー!」

初めてSRが満足に描けた気がする。 部分的やけど。

| | コメント (0)

ラ マルセイエーズ

Img195

またまた1カ月以上さぼってしまった。
このままでは見てくれる人もなくなりそう。

この間も日帰りでカヌーやバイクのツーリングも行ってたのですが、みんなと行くとなかなか絵はもちろん、写真も撮れずでブログネタにできずでした。

で、スケッチでも行こうと思うと雨。 まあ言い訳の連続やけど。
近所の鶴見緑地でつるっとなんとか一枚。

そうこうしてるうちに11月も半ば。
今夜12時にボジョレーヌーボーの解禁です。
以前ほど騒ぐ事もないのですが、うちは十数年来この日に来られるお客様がいてます。

午前1時までの店なんで、今夜楽しめます。もちろん入荷済み。

でも今年は先日パリでとんでもない事がおこりました。
悲しみにくれるパリ市民、フランス国民に思いを馳せたいと思います。

幾度の屈辱を耐え、血を流し、戦って得た彼らの普遍的価値

「自由、平等、博愛」を犯す者に彼らは戦いを選ぶでしょう。
あの街にラマルセイエーズが響く時、彼らは立ち上がるでしょう。

今宵はパリに献杯!

なんや、かっこええ事言うて結局飲むんかい! はいごめんなさい。

それにしてもこの「市民」という言葉がこれほどしっくりくる都市は他にないのでは?
日本語の響きと勝手なイメージですが。

さしずめ大阪やったら「大阪のおばはん、おっさん」言うとこでしょうか。

| | コメント (0)

遠雷

Img191

暑い夏でした。

早めにいただいたお盆休み。 カヌー始めて20年近く、カヌー仲間と日程合わず、初めて舟出せない夏休みでした。

あきらめの悪い僕は、川につかりたい一心でK君と2泊3日でバイクでキャンプしてきた。

当然この季節のバイクツーリングも20年ぶり。
灼熱の大阪を脱出したはいいが、途中R168が通行止めで図らずも高野龍神スカイラインを経由して熊野川に着いた。

暑かった! 前のフルカウルのバイクやったら倒れてたかも。

昼過ぎに現着、買い物済まして、さあ川に浸かろう思ったら一転空が真っ暗になって、ひろーい空の遠くから雷の音。

気にせず缶ビールをプシュ。
川を眺め、雷の音に包まれながら飲んでると、なんかこの川で長年遊んできた事がしみじみ思い出して来た。

突き刺さる夏の光、蝉時雨、見上げる入道雲、夕立、ヒグラシの声。

焚火に揺れる懐かしい友の笑顔、壮大に回転する満天の星空、駆ける流星。

あの子と手をつないで飛び込んだ岩は今年も蒼い淵を見下ろしているのでしょうか?
あいつが沈してギャーギャー言いながら流されてるのを見て、みんなでゲラゲラ笑った瀬は今も白い牙を輝かせてるでしょうか?

このすぐ上流にそれはあるはずです。

雨がちょっと落ちてきた。まあええか。どしゃ降りになるまでもうちょと飲んでよう。
時間はたっぷりある。

明日も買い物と温泉だけ。 

最高や! でもやっぱり寒くなるまでに一回はお舟出そっと。

「 遠雷に  過ぎし日思い  熊野川 」

R0012040 復活した熊野交通、志古のドライブイン。 よかった。

R0012047 日本車の和サイト ちゃぶ台

R0012046 英車の洋サイト テーブル&チェアー  うーん---

R0012053 で、初日のディナーの幕開けはイタリアン。ピッツァ マルゲリータと赤ワイン。

R0012056 R0012055 色々作ってくうちに酒と料理のミスマッチも進んで行く。

R0012071 R0012072 これは2日目やったかな? ステーキ!

R0012049 R0012067_2 楽しかった、ゆっくりできた。K君有難う。


| | コメント (0)

一か月

R0012025

またまた一か月以上さぼってしまった。

とんでもなくバタバタしていたひと月だった。

6月中頃だったか、店の冷蔵庫の調子がおかしくなって、ちょくちょく見てもらっていた。
ところが、お客様がいてる時に漏電でブレーカーがとんで真っ暗。

壊れていた冷凍部分を止めて凌いだつもりが、翌朝来たら真っ暗。
見てもらった結果、修理不能とのお告げ。

ここからがさらに大変でした。食材を他の冷蔵庫に振り分け、次の手配、一番は巨大な業務用冷蔵庫の搬出、廃棄。

これらを昼夜とも営業しながらバタバタ進めて、先週末に何とか終わって、ここに来てやっと落ち着いた次第です。

開業から24年、休まず動いてくれた冷蔵庫。お疲れ様でした。
ありがとうございました。 感慨にふける間もなく職人さん達の手ですんなり去って行きました。

そんなこんな事になる前、久しぶりにテニスをした。
こう見えて僕は中学、高校の6年間テニス部だった。

以前はよくやっていたのがここ7,8年ラケット触ってなかった。
お客様に誘われたのがきっかけで、また始めた。

ある日曜日、テニス部時代の友人呼んで、自宅裏の河川敷のコートで汗をかいた。
昔の友とやるのはめちゃめちゃ楽しい。

気を遣わなくていいので、コスイこと汚いことの応酬。
そもそもテニスは人のおらんとこ狙って打つ卑怯なスポーツやと実感。

みんな同い年、すぐ手はあがらんのに息はあがる。
へろへろになった後は近くの銭湯でゆっくり。
居酒屋の座敷で打ち上げ。まあビールのうまい事うまい事。

みんな京都や滋賀、遠いとこ来てくれて喜んでくれた。
お金もかからんし、またやりましょうと盛り上がって帰って行った。

R0012026  R0012028  R0012031
相変わらず美しいフォームのキャプテンあっちゃん。

R0012029  R0012030
みんなきれは落ちてるけど、フォームは同じ。懐かしい。

みんなありがとう。お互いいつまでも元気で又テニスしましょう。

もうすぐ梅雨も明けます。 夏に向けて頑張りましょう。

まずは、頑張れなでしこジャパン。 頑張れ、鮫島 彩。

| | コメント (0)

アーティスティックな人々

R0011991_2
以前言うてた自宅コミュニティのギャラリーでの絵の展示が始まった。
自分の店では何とも思わへんけど、よそではちょっと恥ずかしい。

R0012016  R0012017

その展示の世話役の方はグラフィックデザイナーです。
友人との2人展にお邪魔してきました。

住宅街というより、工場街にちかい下町にひっそりあるギャラリーふうら

僕より一世代上の隠居前後で高校時代の同級生だそうです。
ご本人はデジタル切り絵。

R0011987  R0011990  R0011993  R0011994

友人の方が流木アート

R0011986  R0011989

どれもほんと楽しい。ここのギャラリーのオーナーさんも同級生です。
美術系の学校だからか、土曜の午後来られる友人達も皆様アーティスティックな方ばかりです。

こういうお仕事されてた人は普通のサラリーマンのようにスパッと定年になるんじゃなくて、なんか半隠居みたいな時間が多いようです。

やりたかったアートをやったり、ギャラリーを持ったり、皆様たのしそうです。
お茶をよばれ、そいう空気の中ゆっくり時間を過ごせました。

なんかいいなあ。僕も10年後目標にこんなとこで個展出来るように頑張ろう。
とひそかに思った。

R0011992

今度から焚火で薪くべる手がいちいち止まりそうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧